« Bトレ日記 ~「必然の産物:小田急5200形」の巻~ | トップページ | Bトレ日記 ~「狸の皮を被ったチーター:西武101系」の巻~ »

2009年3月12日 (木)

旅日記 ~「なのはな、くるり。:久留里線」2007~

がいよいよ近づいてきた
なので、今回は2007年4月1日に友達と「cherryblossom春のローカル線の旅cherryblossom」に出掛けてきた時のおハナシを。
場所は、千葉県の「木更津(きさらづ)」~「上総亀山(かずさかめやま)」間を走るJR「久留里(くるり)」。

東京木更津間は、都会の銀色電車(E217系・205系)が直通で走っている通勤路線。
木更津からは、たった2両のディーゼルカーがトコトコ走る純ローカル線。
このギャップがすごい。
この列車どうしが同じホームにいると、えらい違いだ。sweat02

久留里線のホームに立つ。
01
早速、「キハ30」がお出迎え。ラッキーscissorsshine

今や超貴重な車両だ。いまやこの線のみに数両しかいない。
昔はほぼ全国にいたというのに…crying
首都圏にディーゼルカーというのも貴重なのだが。
JRで東京からイチバン近いのはココかな?(あとは「八高(はちこう)」線)

先頭は「キハ38」だ。
02
これも八高線用に作られたようなモノで、貴重品だ。

この2形式とも、意外とこの塗装が良く似合う。
カッチョエェgoodshine

木更津駅構内には久留里線用の引込み線もある。

機関車の「DE10」なども一緒に停まっていた。
03
奥に見える赤い車両がDE10だ。

普段はあまり動かないで昼寝している。sleepy

いよいよ発車時間だ。
久々の「キハ(気動車のこと)」でワクワクする。
しかも「通勤形キハ」なんて20年近く乗ってナイのでは…?coldsweats01
終点の上総亀山まで1時間ほどの旅だ。snailsign04

おだやかな春の日を浴びて、ローカル列車はのんびり走る。sunclover

途中の駅でタブレット交換。これも久々に見る光景だ
04
駅員さんの後ろにいたキッズも興味津々

もう「東京」では見れないからねぇ~。

この輪っか状のモノがタブレット。
正確には、駅員さんと運転士さんの指先にある、金属の丸いブロックのことをタブレットと言う。
これが信号機の代わり(補助)の役目を果たす。
これを持っていないと走ってはイケナイ、という決まりがある)

このキハ38、面白い現象が起こることに気がついた。
05
駅でドアが開くと、閉まる時に左右半分(1枚のドア)ずつ閉まるのだ。coldsweats02

電車みたいに左右同時には閉まらない。
友達と「これぞ半自動ドアだ」とアホなことを言う。smile

沿線は房総名物の菜のが咲き乱れている。黄色い花が鮮やかだ。goodshine

のどかなローカル風景の中を列車は行く。snailsign04
06
平地が少ない房総半島にしてはめずらしく、畑や田んぼの中を列車は進む。

想像していたほど山中を走るのでもなく、山間の平野部を進んでいるようだ。

しばらく走って「久留里」駅に到着。
07
対向列車が待っている。

カメラを構えている人もちらほら。
同じ千葉県の「銚子電鉄」とは違って、virgo女性の姿は少ない。
あちらは、女性たちがみなケータイ持って、電車の写真を撮りまくってたんだけどなぁ…sweat02

それにしても典型的なローカル駅の構造だ。すごく好ましいgoodshine

停車時間があったので、ホームに降りて撮影。
08
こちらは「キハ37」だ。これも超貴重だ。

全国で5両しか配置されなかった形式。
新製配置は、ココに3両と西日本の「加古川(かこがわ)」に2両のみ。

前面のHゴム(ガラスを押さえているゴム)が、灰色なのがチト残念。
黒かったらもっとカッコ良かったのに…。sweat02

途中の駅で見たが見事だったので一枚。cherryblossom
09
1本の木から2色の花が咲いているのは珍しいhappy02sweat01

かなり美しい……イケてるgoodshine

久留里駅から山の中に入ってゆく。
線路もずっと上り坂になる。
終点近くになって、少しだけ山裾を通り抜ける。
信州っぽい風景だ。

トンネルをくぐって、終点「上総亀山」駅に到着。

非常にのどかでのんびりした所だ。clover
10
東京駅から直線で50Kmほどしか離れていない所とは、とても思えない。catfacejapaneseteasnail

木更津方面を見ると、こんなカンジ。
11
線路は3本、ホームは1つの、典型的なローカル駅仕様。

奥から駅全体を見てみた。
12
列車はホームに停まっている。

周囲は菜のでいっぱいだshine

上の写真に写っている奥のポイント部分を、右横から撮ってみた。
13
奥の菜の、大爆発だーっsign03happy02sweat01

久留里線のホントの終着点はコレ。
14
線路の「はじっこ」には何か訴えかけてくるモノがある…goodshine

駅舎の待合室につばめがいた
15
どうやら巣を作っているようだ。春だねぇ~happy01

さて、ここから折り返さねばならないが、1時間近く列車がないsweat02
…っていうか、乗ってきた列車が1時間動かないのだ。coldsweats01

なので、近くの「亀山ダム」まで散歩する。徒歩10分ほどだ。
16
ダムではボートで釣りをしていたり、湖畔で弁当を食べている人たちがちらほら。

この人の少なさが良い。goodshine
おおかたの日本人は、今日は公園などでcherryblossom花見bottle酔っ払っていることだろう。smile

ここにも菜の花が咲いていたので、写真を一枚。
17
そろそろ駅に戻らねば…clock

駅に行く途中、線路の横から列車と菜の花の写真を撮ってみた。
18
最高のショットだscissorsshine

折り返しの列車に乗る。

帰りは途中の久留里駅で下車。
19
駅の柱にある駅名板の「くるり」という平仮名がカワイイhappy02sweat01

ここでもタブレット交換。
20
受け取ったタブレットを、今度は対向列車に渡さないとイケナイので、駅員さんは忙しそうだ…。sweat01

対向列車との2ショットだ。
21
左の柱の「タブレット 確認 が渋くてカッコイイhappy02sweat01

…さて、ナゼ久留里で降りたのか
友達曰く、「ここには小さいながらもがある」とのことなので、早速見学に…。

小さい街を抜け、しばらくすると「城入口」の看板が。
その看板の矢印の先を見ると急な坂道が延々と…。sweat02
一瞬ひるんだが、ここまで来て途中で投げ出すのは「」というもの。angrydash

意を決して登り始める。
かなりキツい…。
しかも今日は暑い。sunsadsweat01

高さにして90mは登っただろうか、そこには小さい城が建っていた。
22
しかし、復元したニセモノであった。なので中には入らず。

横に本物の城の土台(盛り土)だけが残っていた。

まぁ、この城、桜が咲いていたら「ミニ姫路城」くらいの貫禄はあったかもしれない。
…そういう風に見えるように写真撮って、あ・げ・るheart01shinesmile

城を下って駅に戻る。
ここで遅めの昼食に…。

だが、飲食店がほとんどない。
しかも、あったとしても営業していないsweat02
…これがローカル線の旅の醍醐味だ。goodshine

駅前に1軒だけ開いている店があった。
ナゼかそこはオシャレな「タイ料理屋」。
その名も「たいこくどう」。

…ここは千葉の超ド田舎だぞsign01
しかも列車が1時間に1本しか来ない所だぞーっsign03bearingsweat01

店に入って「タイカレー定食」を注文する。

グリーンカレーライス(タイ米)・トムヤムクンスープジュースのセットだ。
23
マスターがタイ人だけあって、料理は美味い。goodshine

本物の味だ。…なつかしい。weep

どうやら,、奥さんがココの地元の人みたいだ。
なんか納得。clover
客も地元のイナカ臭丸出しの「老壮男女」だ。(「」はいない)

カレーを食べていたら、列車の時間に間に合わなくなったので、わざと1本遅らせる事に…。coldsweats01
駅前にあったお菓子屋さんでシュークリームのようなものを買い(名前忘れた…)、駅で列車をのんびり待つ。

時折、飛行機の通過音が辺りに響く。airplane
羽田空港に着陸するひこーきは、運行上すべて木更津を通過しなければならないため、この一帯は意外な数のひこーきが低空で通過していくのだ。
東京に近い」ことを、こんな事で実感する。catface

やっとこさ来た列車に乗り込み、大都会「木更津」まで戻る。
私も友達も「まったりモードclover」に入ってしまったので、このまま東京に戻ることにした。sleepy

東京に着いたらもう日が暮れてしまった。sweat02
距離的には近いとはいえ、時間的には意外と遠い
やっぱり千葉はまだまだ「イナカ」なのだ。

でもこのイナカ、私は好きだぞsmilescissorsshine

|

« Bトレ日記 ~「必然の産物:小田急5200形」の巻~ | トップページ | Bトレ日記 ~「狸の皮を被ったチーター:西武101系」の巻~ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅と鉄道(03関東)」カテゴリの記事

コメント

かつては国鉄色の久留里線も色が鮮やかになりましたね。
銀色ばかりの中で彼らに会うと
楽しくなってきますhappy01
でも、作るとなると難しそうですけど。
>半自動ドアだ
元々これは手動でも開けられるのでしょうか?
もし自動でしたら文字通りのドアだと思いますcoldsweats01

>あちらは女性たちが
鉄道もアキバ化してるようですが?bearing

>キハ37
久留里線と言いますと真っ先にこれが浮かびます。
導入する路線の方向性がはっきりしておらず
試作車的な存在でした。
それでもまだ現役で頑張っているのですねwink

>菜の花
千葉のモジュールを制作するときには必須なのでは?

>線路の「はじっこ」には
元々房総半島を横断する予定でしたから、その名残でしょう。

>タイ料理屋
商売になるんですか?と心配になるのですが、
意外とと固定客がついてたりしますからconfident
味がそれを証明してるのでしょうね。

投稿: CHIANTI | 2009年3月12日 (木) 11時35分

Bトレでの久留里線色の再現は、pencil色鉛筆かマジックならやってもイイと思います。(笑)

半自動ドア、もともとは押しボタン式ですね。
なんか「機械チック」でカッコ良かったりします♪

キハ37だけが2ドアでクロスシートなんですよね…
観光客にはイイかもしれません。
通勤・通学には、2連だったら久留里線といえども不向きですね。

房総モジュールに菜の花は必須です。
あと、トラクターとfish漁師のオッチャンもね☆

タイ料理屋は、おせっかいながらも経営を心配してしまいますね。coldsweats01

投稿: まりりん | 2009年3月12日 (木) 13時35分

最近、いろいろ話題になりつつある久留里線。近所にある本屋さんにも久留里線が載っている雑誌を多く見かけますよ~。( ゜艸゜)タチヨミチュウ
>キハ30・37・38
b-トレ化したい形式でもあるワケですが、僕は現在「東京メトロ7000系b-トレ化計画」のために貯金中のためやはり実現は難しそうです~(悲)(どこかでジャンクボディー置いていたらいいんですけど・・・)
まあ、いろいろ考える前にまずはタブレットが無くなる前に実物に乗ってみようと思います。(゚ー゚)ワクワク

投稿: しげぺ | 2009年3月12日 (木) 16時30分

タブレット、秩父鉄道「影森~三峰口」間亡き後はもはやココしかアリマセン!
早めに行って見ておくべしっ!!
Bトレなんざ、「ぢぢぃ」になっても出来るから!(笑)

投稿: まりりん | 2009年3月12日 (木) 21時33分

あ・・・。
上総亀山の読み方のところなんだけど やずさ?かずさ?
ちょっと気になっちゃってpigsweat01sweat01
タブレットの現物を初めて見たのは名古屋のリニア・鉄道館でだった。
交換してるところはまだ見た事ないよ。

列車と菜の花のお写真。上手に撮れてるね♪
頂いて帰ろう~♪
トムヤムクンってスーパーで売ってるインスタントのしか飲んだことないの。
それでも美味しいと思ったけど。
異国の料理ももっと食べてみたい。

・・・楽しい誕生日を過ごしたようね♪ (◎´∀`)ノ 

投稿: ひめ子 | 2013年4月21日 (日) 11時39分

★ ひめpigdash

「上総」は「かずさ」ッスsign01
誤植だった…sweat01sweat01

ちなみに、おとなりの「下総」は「しもうさ」と読む。
千葉県は何気に難読地名が多いclover

この日は半分ヤケで出掛けたモノっすsmile
さすがに、部屋で一人ぽっちでゎ…sweat02crying

異国の料理は次回にでもheart01

投稿: まりりん | 2013年4月21日 (日) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Bトレ日記 ~「必然の産物:小田急5200形」の巻~ | トップページ | Bトレ日記 ~「狸の皮を被ったチーター:西武101系」の巻~ »