旅と鉄道(19名鉄)

2016年10月 3日 (月)

旅日記 ~「蒲郡→豊橋・名鉄の旅」2016~

前回「蒲郡・竹島水族館 2016」からのつづきーっ!

2016年9月17~19日に、愛知県の「豊橋(とよはし)」へ行ってきた。
ブログ仲間の人形劇団「ばんび」のお姉さまから、2年ぶりに「納涼ビール電車」乗車命令が出たからだ。(笑)
(18日に乗った「ビール電車2016」の日記はこちらをクリックshine

----------------------------------------

さて、竹島水族館からテコテコ歩いて「蒲郡(がまごおり)」駅前に戻って来たぞ
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6201
腹減った~~~~~ぁ

ず~っと立ちっぱなしで歩いていたので、さすがに腹減った。sadsweat01
(いつもどーり、昨夜の宴から何も食べていない)

サックリと駅そばでも食べますかいのぉ~noodle

JR改札口の横に、立ち食いそば屋さんをハッケーンhappy02
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6202
目立たないッス

隣のコンビニが目立つせいか、真ん中の柱(壁)のせいか、最初は気付かなかった…
うどん・そば」の、のぼりで判った次第。coldsweats01

ココ蒲郡はB級グルメの「ガマゴリうどん」なる、アサリのうどん(塩味)がある。noodle
おみやげ用を家で食べたことがあるが、ご当地ではまだナイ。
なので、食べてみようと中に入ると…

全く無ぇーーーよ。catfacesweat02

そば・うどん・きしめん」の、全国でも基本的なメニューしかナイ。
その他はカレーくらい。

町で推しているメニューが駅にナイって…sweat02

でも、メニューの中に、変わったご当地モノが1品あった。

「ポンポコラーメン」noodle

…コレって、袋麺ぢゃろが。(ーー;)

時々買って、東京まで持って帰っているよ。

450円払ってポンポコラーメンは…sweat02
(味はイイよ

なので、ココはおとなしく「きしめん」にした。
せめてもの愛知名物を食べてやるのだっdash

食券をおばちゃ…マダムに渡すと、すぐにやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6203
おぉ、いぇい

シンプルながらも、美味そぉ~~~~ぅheart01happy02sweat01

刻みあげがどどーーーん!と載っている。
おつゆは、カツオだしが効いたモノ。
きしめん」と言えばカツオですなfish

オラが入った時はおぢさんが1人食べていただけだったのだが、ほぼ同時に女性1人客やファミリーも入って来て、急に賑やかに。tulip
まぁ、ちょうどお昼だしねぇ~。

曇った空を見上げながら、黙々と食べる。noodledelicious

…さて、どこ行こっか

そんなことを考えながら、きしめんを美味ち~く頂き、店を出る。

まずは名鉄の改札口に行ってみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6204
ラララむじんくぅ~~~ん

ちょうど電車が行ってしまった後だったので、誰もいない…。empty
時刻表を見ると、30分おきに走っている模様。

券売機の上にある料金表(路線図)を見ながら考える。

…あれこの駅って、ICカード使えナイsign02sweat01

蒲郡吉良吉田(きらよしだ)」間(蒲郡線)はワンマン運転区間なので、ICカードが使えナイそうだ。
その先(西尾線)に乗り通す人は、券売機で証明書を発券して持っていてね」…と書いてある。

勝手が良く判らなかったので、ココは切符を買うことに。ticket

とりあえず、途中の駅まで買おう。
どこに行くにも支障のナイ、本線との接続駅「新安城(しんあんじょう)」駅までのを買った。

切符を駅員さんに見せてスタンプ押してもらって、ホームへ上がる。upwardleft
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6205
イイ眺め~~~

少しお天気が回復してきたのか、雲の上が明るい。cloudshine
でも、晴れ間はまだ出ていない。

この場所から振り返ると、こんなカンジ。recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6206
ホームちっちぇぇ…

左のJRホームと比べると、マグロイワシくらいの違いがある。(笑)fish

JRのホームは12両くらい停まれるのかなぁ~。on
(この区間の一般的な列車は、8両編成が最長)

こちらの名鉄のホームは4両編成がやっと停まれるくらい。sweat01
(通常は2両編成)
しかも、目の前が終点だ。end

ホームの海側を見ると…upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6207
やっぱ、眺めはイイねぇ~~~

正面にあるウッドブラウンの建物の右奥にある、お山の下辺りから歩いて来たのだ。

レンタルチャリンコ娘達は、今頃どうしているのかなぁ…catface
空が明るくなって、良かったね

列車に乗る前に、路線図をご覧いただこう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6208
名鉄の路線図はハゲしく枝分かれしてるのだ

…名古屋
…蒲郡
…吉良吉田
…新安城
…碧南
…豊川稲荷
…豊橋
…佐屋

今はのガマゴリちゃんにいる。
ココに来る列車は全て吉良吉田行きなので、まずはで乗り換える。

そしてまで移動して、の「碧南(へきなん)」駅に行こうかと…
碧南は鉄ちゃんスポットが満載なのだが、このお天気ではビミョ~。catfacesweat02

…で、最終的にはの豊橋駅へ15時頃までに戻って来る計画。bud
豊川稲荷経由でも良いッス

…さすがに大名古屋シチーまで行く気力はナイ。coldsweats01

列車が来るまで、ホームを点検searcheyeshine

すると、終点の手前の線路上が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6209
地上子まつりぢゃーーーーーいっ

線路の間に白い箱「地上子(ちじょうし)」が、これでもかっsign01と並んでいる。
コレは自動列車停止装置(ATS)の一部で、列車の速度を検出するために置かれているだ。
終点なので、突っ込まないように細かく速度を調べるためにお祭り状態になっている次第

奥の方からヘッドライトが近づいて来た。flair

そして、列車が目の前にやって来た。train
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6210
コレっす

この真っ赤なスカーレットこそが、名鉄電車だよぉぉぉぉぉ~~ぅshinehappy02sweat01

最近は銀色や白色の車両がかなり増えたので、チト寂しいのよ…weep

まずはお約束の、駅名板と車両のコラボをば。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6211
ガマゴッてるぅぅぅぅぅ~~~~んheart01

ガラガラなので、余裕で撮影出来るッスsmile

車内はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6212
わんまーーーーーーん

ワンマン運転なので、運賃箱が置かれているッス。dollar

後ろに振り返ると…recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6213
こちらは一般的。

進行方向イチバン前のドアからしか出られナイので、みんな前の車両に座っている。
後ろの車両のドアは開かナイっす。
(ローカル線のワンマン列車では一般的な方法だよん)

名鉄車両は、車内にも特徴がある。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6214
吊ってるぅぅぅぅ~~~~

関東の車両のように、吊革が座席上の横に伸びたパイプからぶら下がっていなく、直接天井からお垂れになっている。

あと、この形式だけの特徴か、中吊り広告も「¿」形の金具で引っ掛けてあるだけだねぇ~。
コレは冷房化でダクトを通した結果、こうなったのかな
(名鉄は詳しくナイので…coldsweats01

ほどなく、列車は発車した。traintrainsign04

隣の「蒲郡競艇場前(がまごおりきょうていじょうまえ)」駅までは、JRと高架線で併走する。
真横にあるJRのホームには「三河塩津(みかわしおつ)」駅と書かれている。

名前は違えど同じ駅なので、観光で競艇に行く人はご注意を~danger

ココから先は、海沿いにテコテコ走るローカル線となり、急に揺れが大きくなる。typhoon

線路も木の枕木で、レールも今や骨董品の短尺レールがまばらに使用されている。
(通常のレールは1本が25m。短尺レールは15mくらい)

実は、20年ほど前(1995年頃)にも、一度だけこの区間を乗ったことがあるのだ
その時の記憶は、車窓から見える三河湾しか残っていない…catface

そんな記憶を思い出しながら、景色を見ていると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6215
そうそう、こんなカンジぃ~~~delicious

確かにこの路線に乗っていたようだ。(笑)

余談だが、名鉄車両は車内設備が良く、通勤電車なのにカーテンもリッチなのよshine

列車はガッチョンガッチョン揺れながら、鉄ちゃんのツボを刺激しまくって快調に走る。
関東の大手私鉄では、このローカルさは味わえナイよーーーーーんhappy02sweat01

名鉄は奥が深いッス…heart01

名鉄名物と言えば、この列車は発車時に「チンチンっ」とベルの音がしない。bellempty
ワンマン運転だからだ」と気が付いたのは、終点も近くなってから。coldsweats01

この「チンチンっ」は、中部と関西の私鉄に多く、関東の私鉄には一切存在しない。
路面電車から発展した名残なのかな

畑と田んぼに挟まれた直線を力走すると、終点の吉良吉田駅に到着した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6216
キラリンshine

この駅名、前から気になっていたんだけど…sweat02
やはり、「吉良上野介(きらこうずけのすけ)」の地元だったのねnight

さて、列車の乗り換えだっrecycle

これから乗る西尾線の列車は、少し離れた別のホームにいる。upwardright
なので、移動しながら撮って行こう。

まずは、今乗って来た列車をば。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6217
先頭で少年が撮影しているねぇ~。

その先には、まだまだ線路が続いているように見える。on

後で調べたら、2004年まで碧南駅に線路(三河線)がつながっていたんだってsweat01
ちっこいレールバスが走っていたという…

…そっか、ソレがココだったのか。bud

するって~と、昔に来た時には走っていたハズだよなぁ…catface
何で写真に撮っていなかったんだろう
記憶にもまるでナイしぃ~。sweat02

この時は何も判明出来ていなかったので、そのままサクサク進んでしまった。penguinsign04

乗り換える西尾線ホームは左側にある。downwardleft
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6218
やぢるしに従うべぇ~

蒲郡線の線路は、真っ直ぐ進んでいるッス。updown
そこに、斜めから急カーブで西尾線がつながっている構造。upwardright
アルファベットの「」のような線路配置ッス~。

左を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6219
をぉ、改札っsweat01

ホームから改札を見ると、その先にまたホーム…
チョット変わっているっしょdelicious

コレは、関東でも「鶴見(つるみ)」駅の鶴見線ホームで見られる方式。
ローカル区間は無人駅が多いので、本線系との乗り換え駅の中間に改札機を設置しているのだ。

ICカードの人は、ココで駅員さんに乗った駅を申告するシステムっぽい。
オラは切符なので、そのまま改札機に入れて通過。penguinsign04
(ちゃんと切符は出て来るからご心配なくsmile

対面に停まっている列車が、これから乗る急行列車だ。

ホームに行って振り返り、今の中間改札を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6220
なるほどねぇ~。

外へ出る改札は右奥にある。upwardright

西尾線ホームから蒲郡方面を見ると…upwardleft
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6221
…あれ記憶にあるっ

この急カーブ、確か同行の仲間が写真を撮っているぞsweat01

帰宅後、引き出しをゴソゴソやること数分…typhoon
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6222
(1995年頃同行の仲間が撮影)
出て来たよぉぉぉぉぉぉ~~~~んheart01scissorsshine

隣の下りホームで撮ったモノだが、間違いなく吉良吉田駅であろう。
しかも、今ややって来ない「特急パノラマデラックス)」に乗って来たんだぜぇ~いhappy02

他にも数枚出て来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6223
(1995年頃同行の仲間が撮影)
にゃぁ~~~~~~っ

パノラマデラックスが去った後、線路の向こう側から1匹のネコがやって来た。cat

そしてシュタッsign01とホームに上ると、近づいて来て…
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6224
(1995年頃同行の仲間が撮影)
何かくれよぉ~~~~ぅheart01cat

バッグを開けて(恐らく)タオルかお茶を出そうとしたら、エサをくれるのかと思ってバッグの中に顔を突っ込んで来た次第sweat01
結局、エサ(オラの食料)をあげてしまったんだっけかなぁ…coldsweats01

オラにとっての「吉良吉田」とは、こんな想ひ出bud

さて、列車に乗ろう。clover

今から乗る列車は、コレ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6225
佐屋(さや)」ってどこーーーっ??sweat01

名鉄の路線は、カニに似たような形をしている。cancer

真ん中の甲羅が名古屋駅で、両側に枝線がニョキニョキ伸びているのだ。
なので、その足の先っぽの駅名達を熟知していないと、どっち方面に行く列車だかサッパリ解らナイsweat01

まぁ、今は新安城駅まで行ければイイので、黙って乗り込むことに。penguin

西尾線ホームはこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6226
キュ~~~~~~~ぅ

かなりの急カーブっす
4両編成なのに先頭が見えナイ…sweat02

手前は学生達が多くいたので、ガラガラな前のほうに行って車内に入る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6227
しゃれおつぅ~~~~

通勤電車にしてはお洒落なデザインだね
豊橋~名古屋~岐阜」間のJR線と対抗するためには必要なのだろう…

下ぶくれ感がぷりち~heart01happy02sweat01

名鉄って、貫通扉の上に案内表示器があるよねぇ~。
表示される停車駅の案内を見ても、佐屋駅がどこだかサッパリ判らナイので、網棚上の路線図を見る。eyeshine

戦うこと1分弱…sandclock

アッタヨーーーーーーーっflairhappy02dash

路線の終点の2つ手前にあったから、見つけるのに時間が掛かったぢゃナイかーっsweat01
正解は、ガマゴリ駅で見た路線図のだった。

…ふう。catface

車内はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6228
シックですな

昔の旧型電車はトンでもなくボロくてポンコツだったけど、この時代(昭和後期頃)の車両達は素晴らしいgoodshine

ほどなく列車は発車。

しばらくは各駅に停車するが、「急行」なので途中の「西尾(にしお)」から駅を通過するのだ
(名古屋少し手前の「神宮前(じんぐうまえ)」駅から「準急」に変わるんだって)

先ほどとは違って、乗り心地の良い線路を淡々と走る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6229
同じ会社の路線とは思えナイ…sweat02

空いている空間を…と移動していたら、先頭まで来てしまった。

…おっsign01久々にやっちゃいますぅ~smile

…ってなワケで、座ってみました、鉄ちゃんシートheart01(笑)
(右側にある運転台直後の座席ね)
この車両、前方の見晴しはとても良いgoodshine

久々に前面展望を楽しむ。
ガラガラだから気兼ねしなくてイイやぁ~happy02
(お天気イマイチだけど…)

しばらくはカーブの多い区間を走るようだ。
吊革が天井から吊ってある構造上、結構左右に揺れる。typhoon

気になったので、見上げてみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6230
吊革まつりーーーーーーーぃdash

吊革の見本市か

こんなにたくさん付いているのは初めて見た。coldsweats01
(その代りにパイプが少ない)

線路は単線なので、列車交換のために待つ時がある。bud

すると、向こうからやって来た下り列車は…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6231
しまったーーーーーーっsweat01

銀色ではあるが、あちらは座席がクロスシートで豪華なのよheart01

1本待てば、アレに乗れたのにぃ~~っbearingsweat01

…まぁ、乗っちまったものは仕方がナイし、前面展望を楽しんでいるからねぇ~
このまま乗り続けよう。clover
(結局、すれ違った列車でイイ座席なのは、この銀色電車1本だけだった)

数駅走って、高架で立派な西尾駅に着いた。
ココでは数分停車とのこと。bud

席に座って前を観ていると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6232
複線なのにこっちの線路で向かって来るーーっsweat01

あれドーイウコトsweat02sweat02sweat02

でも、奥から現れたヘッドライトは、あの位置で動いていないようだ。flair

頭の中が「?????」状態で見ていると、ヘッドライトが再び動いた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6233
おんやぁ~~~

フシギっす…sweat02

下り列車到着後、こちらが走り出してから納得。flair

…あぁ、奥から単線なのね。

さっき、こちら側の線路を走っていたように見えたのは、単線の「西尾口(にしおぐち)」駅に停まっていたからなのだ。
駅を出るとすぐに複線になるので、上の写真のように通常の光景に見えるというカラクリ

クネクネ曲って川を渡ると、だんだん市街地になって来た。
新幹線の線路も現れ、いよいよ本線に近付いたようだ。bullettrain
車内もだんだん混んで来たッス~。

そして列車は新安城駅に到着。
碧南に行くか悩んだ末、ココで降りて豊橋に戻ることにした。enter
(碧南に行くには、2駅先の「知立(ちりゅう)」まで乗ってから乗り換える)

碧南はお天気のイイ日に行こぉ~~~っとheart01happy02

列車を降りて、豊橋行きに乗り換えだ。recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6234
バイバイキ~~~ン

佐屋行き急行列車は、ゆっくりポイントを渡って、本線に入って去って行った。trainsign04

20年前の西尾線の記憶が全くナイんだけど、今思うと、友達と特急列車に乗っていたせいかもしれない…。
ゆったり座ってハナシしていれば、記憶には残らナイわなぁ…catfacesweat02

さて、豊橋行きは右のホームなので、地下道をくぐる。downwardright
地下には改札もあるんだねぇ~。

そして、豊橋行きホームに上がって、今いたホームを見る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6235
へろへろぉ~~~~~~。

ココを通る度に気になっていたんだけど、この駅の屋根って、メチャクチャ古いよねsign02
お金ナイの」と心配したくなるほどの放置っぷり
レトロ」と言うより「老朽化」だよねぇ…catfacesweat02

でもねぇ、ホーム全体を観てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6236
あれれcatface

屋根の構造(古さ)が3つに分かれているッス

手前は最新なので、どうやらお金がナイのではなさそうだ…coldsweats01
何故に残してあるのだろうか…
…まさか、産業遺産を狙ってsign02(笑)

向こうのホームに赤い電車が来たので、撮影してみた。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6237
少し暗いのでブレちゃったね…coldsweats01

この列車、何かヘンな違和感を感じた。catface

何でだろう…と思っていたら、コレだと気が付いたflair
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6238
高さがぜぇ~んぜん違ぁ~~~うsweat01

お屋根の高さがまるで違うからだ。updown

今までの名鉄車両って、結構丸くて小さかったのね。chick
…それだけ、お金掛けて丁寧に造られていた証拠だgoodshine

赤い列車が去った後、奥からモーレツな勢いでヘッドライトが近づいて来た。dash
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6239
はやぁーーーーーーーーーーいっdash

本線の特急列車は時速120Kmでカッ飛ばすのだ。dashdash
アッという間に走り去って行った…

今からこちらに来る特急列車は、新安城に停まるタイプのモノなので、ありがたやdelicious

列車がやって来た。
さっきのモーレツ君とは違ってゆっくり停まる。clover

上手い具合に窓側の席に座れたので、まったりと景色を眺める。eyeshine
…あ、明るい時間に豊橋行きに乗るのって、初めてかもぉ~

25分ほどで豊橋駅に到着した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6240
ただいまぁ~~~~

連休のせいか、列車の写真を撮っている人が多いねぇ~。shadowcamerashine

ちょうど飯田線の列車が発車するところだったので、撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6241
う~ん、当たり前。smile

JR東海の管内では当たり前過ぎる光景だ。
(今はどこに行ってもこの車両(313系)がいるからねぇ~)

そうそう、お約束の列車と駅名板とのコラボを。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6242
ぢぇーあーるっ

名鉄電車が写っているのに、駅名板と下の時刻表はJR飯田線

この裏側から撮ってみると…recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6243
JRなの名鉄なのcatface

最近、名鉄の駅番号が貼り付けられたため、JRのカンバンに「MEITETSU」の文字が…

…コレは珍しい状況になったぞ(笑)

この変則ホーム、いつまで続くのやら…delicious

さて、改札を出るには乗り越し清算をしないとイケナイ。ticket
改札口はJRの管轄なので、ホーム上の名鉄の窓口で事前に清算をしなければならない。
切符を渡して不足金額を払う。dollar

蒲郡→豊橋」、JRだと320円なのに、名鉄だと1360円だよ(笑)

清算窓口のおじさんも「えっ」という顔をしていた。coldsweats01
こんな酔狂な客もいるんだよ、うん、うん。
1DAYフリーきっぷ」だと3100円もするのでね…sweat02

いやぁ~、楽しかったhappy02

ただ今、14時半
15時前には戻って来れたね~。delicious

確か、お宿の部屋に入れるのは15時からだったような…
(連泊だから、少々のフライングはOKっぽい)

時間まで、駅ビルで今夜の「ビール電車」に持ち込む食料を買うべぇ~
…と思ったら、改札内でナイスなモノを見つけちゃったので、それを買い込んで終~了~
(結果、大成功scissorsshine

お宿に戻って、シャワーを浴びて1時間チョット寝っ転がる。clover

さぁ、時間だ。clock

…んぢゃ、麦汁浴びるほど飲んで来るわよぉぉぉぉ~~~んbeerhappy02sweat01

つづき「ビール電車2016」はこちらーっ!

-----------------------------

 おまけ 

昔、吉良吉田に行った時に、帰りのシンカンセンも撮っていたようだ。camerashinebullettrain
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6244
(1995年頃同行の仲間が撮影)
ぜろけぇーーーーーーーーーぃ

懐かしの「0系」車両だheart01happy02

ココって豊橋駅だよねぇ…
この地点での記憶しか残っていないッス。coldsweats01

-----------------------------

| | コメント (4)

2015年5月18日 (月)

旅日記 ~「初めてなのに懐かしい 三岐鉄道三岐線 2015」その1~

前回「豊橋・ロシア料理バイカル2015」からのつづきーっ!

さぁ、今日(2015年4月12日)は今回の旅の第2目的、三重県の「三岐(さんぎ)鉄道」探検なのだーーーーっhappy02sweat01
(全8回シリーズ)

9時半頃、「豊橋(とよはし)」駅前のお宿をチェックアウトする。
そして、おととい行って飲んだ、駅西口にある飲み屋街を撮影。house camerashine
駅前でおみやげの「ヤマサのちくわ」をガッツリ買い込み、そのまま名鉄線の乗り場へ…

今日は、まず「名古屋(なごや)」駅まで移動して、近鉄線JR関西線に乗り換えて三重県へ乗り込むのだ
名古屋駅までは名鉄線をチョイス
JR線はさんざん乗っているのでねぇ~coldsweats01

停車中の「快速特急」が間もなく発車なので、急いでホーム前方へ移動した。dash
名鉄での名古屋移動は今回で2度目~
(前回の移動の日記はこちらをクリックshine

編成は、今日も「パノラマスーパー」だった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5101
この写真も使い回しぃ~coldsweats01

今回も、全く同じ号車と場所の座席に座る。chair
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5102
前回と全く同じアングル

服装も荷物も飲み物も、前回と大して変わらず。
…おみやげまで一緒なのは、いかがなモノか。(笑)coldsweats01

…ま、そんなことは気にせず(笑)、まったりと車内でくつろぐ。clover
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5103
お茶は地元の「豊橋茶」だぜぇ~い

お値段も安くて、「えぇじゃないかheart01goodshine

車窓から観る景色も、2度目なので落ち着いて眺められる。bud
なので、前回撮れなかった場所を狙ってみた。

カメラを構えてスタンバイ。cameradash

そして、お目当ての場所でシャッターを切った。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5104
きっかんしゃーーーーーーっdash

そう、名鉄の工場(舞木検査場)に停めてある電気機関車を撮りたかったのだdash
でも窓ガラスがきちゃない…crying

名鉄の機関車は、青いのだ。
赤い電車の中にいると、ものすごく目立つ。shine

つい最近、なんと赤い電気機関車新製されたのだwrench
日本の私鉄で最も新しい電気機関車で、私鉄では西武鉄道「E31」形や大井川鐵道「ED90」形以来の、数十年ぶりの新製車なのではないかぇ?bud
(東京都交通局「E5000」形という、2005年生まれの激レア地下鉄用機関車もいたなぁ…coldsweats01

今までの青い機関車は、もう間もなく廃車される予定。end
この機関車「デキ300」は、書類(法規)上ではもう「車両」ではなく工場内の「設備」扱いなので、もしかしたら残ってくれるかも…catfacesweat02

ついでに工場の建物も撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5105
銀色電車は目立たナイのぉ~~~。catface

今日は「中京競馬場前(ちゅうきょうけいばじょうまえ)」駅にも臨時停車。clover
降車客は「夢見るオッサン」ばっかりで、女性が一人もいなかったのにはチョット笑えた。delicious

列車は快調に走り、名古屋駅に到着。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5106
ハイ、この写真も使い回しですぅ~~~coldsweats01

降車ホームから改札を出る。
そして目の前のコインロッカーにコートと荷物を預ける。
…何気にちくわが重かったので。coldsweats01
この季節なら、保冷剤入ってナイけど大丈夫だろう…snow

超~身軽になったので、気分スッキリscissorsshine

さて、三重県に移動しよう。
ココはやはり近鉄だなや

名鉄と近鉄の名古屋駅は、実は壁1枚しか隔たっていない。
なので、改札もすぐ隣にあるのだ。soon

…だが、そこには「階段ダンジョン」という魔物が存在する。sweat02
コインロッカーを使いたかったがために、乗り換え改札が通れなかったからだ。sweat01

初心者を不安に陥れる魔物と戦い、軽く迷って近鉄の改札前の広場に出た。bud
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5107
どうやら無事たどり着けたようだscissorsshine

だが、ココで安心してはイケナイdanger
振り返って、帰りのコインロッカーまでの道順と景色を記憶しておく。recycleeyeshine
高級ちくわ様を忘れるワケにはいかないのだ…sweat01ban

切符売場上にある路線図で、降りる駅を確認。eyeshine
…「桑名(くわな)」駅か「近鉄富田(きんてつとみだ)」駅で降りればイイんだな
どっちで降りるかは、列車のダイヤ次第だ。clover

とにかく、改札の中に入ろう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5108
Suica(ICカード)でサックリと中に入る。penguin

頭上の発車案内板を凝視し、どの列車ならOKなのかを調べる。eyeshine
そしたら、すぐに発車する急行列車が両方の駅に停まることが判明flair
そそくさと急行用ホームへ移動する。penguinsign04

すると目の前に…
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5109
まっさかさまーーーーーーーーっ

急行「松阪(まつさか)」行きが停まっていた。train
コレに乗ればイイんだな

…あぁ、松阪ビーフ様を食べてみたいheart01taurus

発車まであまり時間がナイので、急いで先頭の方へ移動する。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5110
手前の改札に近い方は混んでいる。typhoon

このような「頭端(とうたん)」(櫛形)ホームの終着駅は、どの私鉄でも混む場所は一緒だ。
小田急新宿駅や阪急梅田駅とかね)

先頭へ進む途中に、他のホームに停まっている列車も撮ってみた。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5111
イイねぇ~~~shine

近鉄名古屋駅は、実は3度目だ。
初回は阪神大震災の年(1995年)に、大阪へ行く時に特急「アーバンライナー」に乗った。
2回目は、2008年のお伊勢参りだ。(その時の日記はこちらをクリックshine

名古屋から一般車両に乗るのは初めてなので、ちょっとドキドキheart01happy02

この急行列車は、ロングシートだね。
でも、3両目から別の形式の車両がつながっていた。

中を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5112
クロスシートやん♪shine

慌てて空いている席を探して、ギリギリ窓側の席をGET出来たscissorsshine
あと30秒遅かったら窓側には座れなかった…sweat01

コレで近鉄での快適な旅は保証されたheart01

ほどなく、列車は発車した。
特急列車と急行列車は車内のフンイキがまるで違うので、景色もまた違って見えるからフシギだ。coldsweats01

列車は淡々と走り、いくつもの川を横切る。
この周辺は異様なまでに川が密集している。

そして大河に差し掛かった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5113
川幅ひろーーーーーーーーーいっsweat01

コレぞ、この地域のラスボス「木曽川(きそがわ)」だ。
なので、鉄橋の長さもハンパない。sweat02

目の前に見える橋は、国道1号線だ。
反対の上流側にはJR関西本線の鉄橋がある。
近鉄線とJR線は、それほど離れていない距離を絡むようにずっと併走している。updownupdown
JR線は、見える度に単線になったり複線になったりしていて、変化が目まぐるしいtyphoon

快適な旅も早いもので、20分ほどで桑名駅に到着。
チョット考え、「ココは降りずに、まずは富田へ行こう」と決めた。bud

発車後、ちょうど頭上に三岐鉄道の黄色い列がやって来て、桑名駅へ向かって走って行った…。trainsign04
…あっやっちゃったsign02」と思ったけど、もう後の祭り。sweat02

…見なかったことにして、富田へ行こう。(笑)

10分も掛からず、近鉄富田駅に到着。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5114
いやぁ~~、良かったよ。近鉄ちゃんheart01goodshine

走り去る急行ちゃんを、お見送りする。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5115
バイバイキ~~~ンpapershine

近鉄は便利だね

近くを併走しているJR線は、2両編成が単線を約15分おきに1本snailsign04
近鉄線は、2~6編成の列車が複線をバンバン走っている。recycle

JR東海さんよぉ、完全に勝負捨ててるだろ。catfacesweat02
実質、紀伊半島の先っぽへ行くために乗る路線となっているようだ。

さて、ココで三岐鉄道に乗り換えだ。recycle
三岐の列車はどこから発車しているのかな?
駅は近いのかな??
cancer

まずは、改札に向かって移動する。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5116
これといって特徴のナイ、一般的な駅だね。bud

乗り換え案内に従って歩いていると、「向こう側のホームへ行く階段を降りろ」との矢印が。downwardleft
階段を降りると、「上り(名古屋方面)ホームに階段を上って行け」との矢印。upwardleft

階段を上がってホームに行ってみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5117
をぅsign01 同じホームから出てるのねぇ~~~っsweat01

中間改札ナシに、近鉄三岐の乗り場が並んでいる。gemini
…って~ことは、いったんこの駅の改札を出て、切符を買い直さねばならないというワケか

まずは階段を下りて改札に行って、Suicaで出札。penguinsign04
そして、三岐鉄道の切符を窓口で買う。ticket

…何故に券売機でなく、窓口か?chick

それはコレを買うためだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5118
ふり~~~~~~~らんすザンスfree

1日乗り放題パス」がお得なのぢゃぁ~~~~~happy02sweat01

1100円で、三岐鉄道の全ての区間が乗り降り自由なのだscissorsshine
コレはかな~りお得なのだぞぇheart01delicious

パスの裏側はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5119
路線図と付近の案内が描かれている。

さて、ココで三岐鉄道の解説をばclover

三岐鉄道は2つの路線がある。
今いる近鉄富田駅からは「三岐(さんぎ)」という路線が、桑名(西桑名)駅からは「北勢(ほくせい)」が、川を挟んでほぼ並行して伸びている。

北勢線は、以前は近鉄の路線だった。
それが赤字ローカル線ゆえ、近鉄からバイバイキンされた。papershine
それを三岐鉄道が「ウチにおいで」と引き取った次第。bud

なので、北勢線はオラ的には「近鉄路線」というイメージが今でも強い。catface
まぁ、今日乗れば認識も変わるだろうrecycle

ちなみに、「三岐」とは「」と「」を結ぶ路線という意味。on
だが、その意味には達成出来なかったようだ…。coldsweats01

さぁ、三岐線を探検しよ~~~うshine

人生初の三岐鉄道、わくわく感がハンパないのぢゃheart01happy02sweat01

まずは、ホームに立つ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5120
ホームが共用なので、案内板は近鉄様式だ。

バンバン通過して行く近鉄線を横目に周囲を眺めていたら、三岐の列車接近のアナウンス。karaoke
いよいよ来るぞheart01

そしてほどなく…
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5121
超~~~来たーーーーーーーーっhappy02sweat01

わーーーーーっ来た来た~~~~~~ぁ
来ちゃったよぉぉぉぉぉぉぉ~~~~~んheart04

お久しぶりですheart01

お元気でしたか?
顔色も変わらず(笑)、がむばっているようでshine
少しほっぺに赤みが差したね。健康そうで何よりspa

一人ニンマリしながら、列車が停まるのを待つ。bud

…あぁ、このブレーキの音heart01

そして、列車が停まってドアが開く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5122
はぎやまーーーーーーーーーーーっ

…あぁ、もうオラには「萩山(はぎやま)」駅にしか見えないheart01happy02sweat01
(ソックリだ

そう、この列車は元「西武鉄道」の車両(701系)なのだ。
オラが生まれてからずーーーーーーーーーっと乗り続けて来た「超幼なじみ」なのだ
いわば「近所のお兄ちゃん」的存在。geminiheart04

この車両のことなら、隅から隅まで知っている

早速、運転室の真後ろにある「鉄ちゃんシート」をGETscissorsshine
コレで終点までカブり付くぞheart01

発車までしばらく時間があるので、あちこち点検しようsearcheyeshine

-------------------------------------------

ハイ、ココからはshine鉄分丸出しshineで行きますので、詳しくナイ方はサックリと読み流してねcoldsweats01
このブログでは超~珍しく、今回のシリーズは鉄道趣味エキス特濃の日記になりますぢゃtrainupup

車外を撮った後は、車内の点検をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5123
変わってナーーーーーーーーイheart01shinehappy02sweat01

往時と何ら変わっていないお姿に、もうメロメロパンチlovely
強いて言えば、座席のモケットの色が褪せすぎてしまっていることくらいか…。coldsweats01

まだクーラーが付いていなかったベージュの車体色の時代は、座席の色はあずき色(ワインレッド)だった。wine
クーラーが取り付けられて黄色くなった時代あたりから、座席の色がレンガ色(ウッドブラウン)に変わった。recycle

余談だが、登場時の内装の色(ベージュの壁にワインレッドの座席)は、当時の国鉄2等車(今のグリーン車)と同じだった。clover
関東でも有名なオンボロ&ヘッポコの西武線車両、「せめて色だけは豪華に…coldsweats01」という思いだったのだろう。
JRでは、「サロ165」「サロ110-1200」等のグリーン車が同じ色だった。clover

…今こうして改めて見ると、吊革や手すりが少なかったねぇ~。sweat02
よくコレで日本有数のラッシュ区間を捌いていたモノだ。coldsweats01

ラッシュの混雑が激しかったせいか、天井の冷風吹き出し口からは、夏は最強パワーで真っ白な冷気が吹き出していたこともあった。snowdash
オレ達は西友の野菜売り場の野菜かっ」とみんなで震えていたこともあったっけ…。wobblysweat01
(スーパー「西友」は、その名の通り、昔は西武鉄道系列の会社だった)

運転台と客室の仕切り壁上部を見ると…upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5124
そのまんまーーーーーっdash

車両の番号こそ変わっているが、銘板などは当時のまま。clover
西武 所沢車両工場 昭和41年」…コレだよ、コレheart01
この丸みのある銘板が「西武生まれ」の証。goodshine

西武鉄道は、1999年までは自分の工場で車両を造っていたwrench
車両メーカーに頼まず、車体は全て自作というのは凄い技術力だと思う

この銘板の「工場」の「」の字がクネクネしているのが、お子様の頃は「学校で習った字と違う…sweat02」とヒジョーに気になっていた。thunder

鉄ちゃんシート」に座った状態で撮ってみた。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5125
ムフフのフheart01

コレぞ、オラがご幼少の時にいつも見ていたアングルshinehappy02sweat01

まだまだ時間があるので、運転台周りを点検することに…searcheyeshine
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5126
あぁ、落ち着くお顔heart01

行先表示器の「近鉄富田」の4文字も、「西武新宿」などと同じバランスで違和感ナシgoodshine
サイクルパス」の場所には、「急行」や「準急」などの種別板がぶら下げられていた。

では、運転席をのぞき込むぞdash
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5127
イヤァ~~~~~~~~~んheart01

めっちゃそのまんまやぁ~んnoteshinehappy02sweat01

運転席左側(写真だと奥)の壁にあった受話器などが撤去されて三岐仕様になっているが、右側のスイッチ類などはそのまま。

次に、運転台のアップをば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5128
左のマスコンハンドル脇の放送装置など、部分的に三岐仕様になっているね…

右側のスイッチ、手前に引いたり奥に押したりしてON・OFFする。updown
ピンボールの、はじく部分見えて遊びたくなった想ひ出が…coldsweats01
(触ったらアカンでsign01ban

天井を眺めてみると…upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5129
基本的な構造は昔のままだが、自動放送装置などが追加されているね。karaoke

中央のクリアーブルーの覗き窓から見える、行先字幕の文字を見るのも好きだった
三岐だと、行先字幕のコマ数が9個かぁ…少ないね。coldsweats01
西武時代は40コマあった。
右側にあるレバーをくるくる回すと、字幕もくるくるスクロールしていく。recycle
レバー下の赤い矢印が、コマ数が大きい方に太くなっていくデザインも好きだった

さぁ、コレで一通り点検したぞsearcheyeshine

席に座って出発を待つ。clover
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5130
…あぁ、懐かしいアングルheart01happy02

実は、この席側の運転室との仕切り窓には大きな鉄板があり、視界が半分くらいになってしまっている。sweat02
機器類を追加したためのようだ。

でも、座っていれば前方は見れるので、モウマンタ~イ(無問題)

そろそろ発車時間だ
運転士さんが駅員さんと一緒に詰所からやって来た。shadow

わくわくheart01

わくわくheart04shine

さぁ、いよいよ出発進行~~~~~ぅ

つづき「三岐線2015その2」はこちらーっ!

| | コメント (4)

2015年1月29日 (木)

旅日記 ~「なんぢゃ、こりゃぁ~! 名鉄・西枇杷島駅」2015~

前回「豊橋おでんしゃ2015」からのつづきーっ!

2015年1月11日のおハナシ。bud

昨夜は「おでんしゃ」と「骨付き鶏」で、豊橋の夜を「うけけけけけけ~ぇ」と楽しんだ。shine

さて、今日はどうしよう
特に急いで帰る必要もナイので、気になる所&しばらく行ってナイ所にでも行きますかのぉ~。catface

…てなワケで、今日は「名古屋」に行くことにした。
それも、名鉄(めいてつ:名古屋鉄道)で行ってみよう

朝10時、お宿をチェックアウトして、「豊橋(とよはし)」駅に向かう。
(画像をクリックすると拡大するでね)
名鉄・西枇杷島駅2015-0601
天気は良いが、チト寒いのぉ…sadtyphoon

いつものとーりにJRの改札に入る。

そして、飯田線のホームへと降りる。downwardright
(画像をクリックすると拡大するでね)
名鉄・西枇杷島駅2015-0602
3番線は名鉄線の専用ホームなのだ。

豊橋はJR東海の駅なのだが、私鉄の名鉄も同じ構内に乗り入れている。
(理由の詳細は後ほど)

そんなワケなので、このホーム(3番線)の案内板を見ると…
(画像をクリックすると拡大するでね)
名鉄・西枇杷島駅2015-0603
ぢぇーあーるっ

カンバンはJR東海仕様なのだが、次の駅名は名鉄の「伊奈(いな)」駅が書かれている(裏側は飯田線の「船町(ふなまち)」駅が書かれている)。

その証拠に、下の時刻表案内は名鉄仕様だ。
関東の共用駅みたいに、この乗り場のカンバンだけその鉄道のデザインにすればイイのにね。
誤乗防止にもなるんだから…。catface

今日は特急で名古屋まで行こう。dash
名鉄の特急列車は、編成中の豊橋寄り2両が有料の指定席で、残り(4~6両)は一般車両の自由席
指定席車両は、みんなが「特急」でイメージするリクライニングシートの座席だ。chairshine
自由席車両は、編成によってクロスシートだったり、ロングシートだったりもする。

ホームの前方まで行って、空いている車両の席を狙う。
後ろはいつも混んでいるのでね。coldsweats01
ホームにもたくさん並んでいる。chicksnailpenguincancer

ほどなく、特急列車がやって来た。
(画像をクリックすると拡大するでね)
名鉄・西枇杷島駅2015-0604
パノラマスーパーだ

この車両だったら、指定席でも良かったなぁ…coldsweats01
(来るまで判らんsweat02

後ろの一般車両がホームに差し掛かった時、横にいたJRの飯田線車両も動き出した。
(画像をクリックすると拡大するでね)
名鉄・西枇杷島駅2015-0605
コレぞ、豊橋ならではの光景goodshine

始発なので、イイ席をアッサリGET。
(画像をクリックすると拡大するでね)
名鉄・西枇杷島駅2015-0606
今回はイイ車両だね♪shine

名鉄乗車歴は長いのだが、回数は少ない。
豊橋から乗るのは、実は初めてだったりする。coldsweats01
わくわく♪heart01

列車が発車した。
左右をJR線に挟まれて、もそもそと走る。snailsign04

東海道線と新幹線に平行して飯田線上を走っていると、鉄橋が見えた。
(画像をクリックすると拡大するでね)
名鉄・西枇杷島駅2015-0607
豊川放水路だ。

そして、鉄橋を渡り終えると、速度を落としてポイントを通過した。
(画像をクリックすると拡大するでね)
名鉄・西枇杷島駅2015-0608
飯田線との分岐点だ。upwardleftupwardright

右へ曲がっているのがJR飯田線upwardright
左へつづく線路(地平と高架)が名鉄線だ。upwardleft

豊橋駅からこの地点までの複線線路は、飯田線と共用している。
だが、本当は単線ずつで所有者が違うのだ。
今走って来た線路(下り線)がJRのモノで、上の写真の鉄橋の線路(上り線)が名鉄所有なのだ。
単線ずつよりも複線のほうが列車本数増やせるからね

コレは開業当時からの時代的な流れでこうなった次第。
当初は飯田線も私鉄だったので、私鉄同士で「共用しようぜぇ~」ということに。
それが、戦争中に飯田線が国有化され、さらにJR化された結果、日本国内でも特殊な区間となった。bud

現在はJRが運用管理しているので、線路を持っていながらも名鉄車両の走行は制限されている(JRが優先)。
豊橋駅へは1時間に6本しか乗り入れられないので、名鉄はフクザツな運用を組まざるを得なくなっている。sweat02
(各駅停車は豊橋駅へは乗り入れず、1つ手前の伊奈駅で折り返す。ラッシュ時の増便も同じ)

名鉄の複線区間に入ると、快調に走り始めた。dash
結構乗り心地イイぢゃんgoodshine
20~30年前の名鉄車両とは雲泥の差だ(笑)

途中の駅に停車中、1枚撮ってみた。camerashine
(画像をクリックすると拡大するでね)
名鉄・西枇杷島駅2015-0609
コォォォォォォォォ~~~~~~っdash

国府(こう)」駅だ。
ローマ字表記の「Ko」が、なんか笑えた。delicious

列車は東名高速道と並行して走り、畑や住宅地を抜け、50分ほどで大都会「名古屋(なごや)」駅に到着した。
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0610
久々の名鉄名古屋駅

名鉄の名古屋駅は地下にある。
壁一枚となりには、近鉄線の駅がある。

ココで特急列車から降りる。
行ってみたい場所があったので、各駅停車に乗り換えることにした。recycle
目的の駅に行く列車は20分近く来ないので、しばらくホームで待つことに…catface

名鉄名古屋駅、ココは日本有数の超過密ダイヤ区間なのだ。
東西南北に伸びるほとんどの名鉄線列車が、ココ名古屋駅に集まって来る。dash

それなのに、名古屋駅は複線だけで待避線がナイ
左右に拡張出来るスペースが、もうナイのだ。sweat02
なので、線路間に大きな降車専用ホームを設けて、とにかく素早く乗降を終わらせる作戦を取っている。trainsign04run

日中でも、3分おきくらいに次々と列車がやって来る(次の列車がすぐ後ろで停まっている)。
お子様には堪らない光景だろうshinehappy02sweat01

また、名古屋駅では乗り方にも名鉄流の難解なルールがある。
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0611
天井部分に、次に来る列車の停車駅が表示され、乗車位置の案内もバンバン変わっていく。typhoontyphoon

一応、方面と列車種別ごとに乗車位置が色分けされている。
それのプレートが、ホーム天井部分にずらりと並んで表示されているのだ。
(上の写真にある表示器の下がそのプレート)
さらに、各駅停車の停車位置は、行先によってホームの前半分と後ろ半分に区別している。leftright

自分が降りたい駅に停まる列車の種別と行先(駅名)を知っておかないと、どこに並べばイイのかサッパリ解らない。sweat02
数回乗れば理解出来るだろうけど、初心者や旅行者にはまるで解らないや…。sadsweat01

ワケも解らず、表示器に自分が降りたい駅名が出てくるまで、ひたすらその場で待つ。snail
バンバン列車がやって来るが、どれもその駅には停まらない(通らない)。
30分に1本しか停まらないようだ。sweat02

…さ、寒いよぉぉぉぉぉ。wobblysweat01

やっと来た各駅停車に乗り込む。
目的の駅は、3つ目の「西枇杷島(にしびわじま)」駅だ。
(上の写真がまさにこの列車)

列車は地下区間を出て、1つ目の駅「栄生(さこう)」に停まる。
真横には東海道線と新幹線の線路があり、ひっきりなしに列車が行き交っている。downwardrightupwardleft
名鉄の列車も、負けないくらいバンバンやって来る。

そして東海道線を離れ、大きく右に曲がって2つ目の駅「東枇杷島(ひがしびわじま)」に停車。
ココはなんともローカルな高架駅だ。clover
とても名古屋駅の2つ目とは思えナイ。catface

さらに列車は走り出し、今度は大きく左にカーブしながら鉄橋を渡る。
この鉄橋の先からが、今回の目的地だ。

鉄橋の先には…
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0612
鉄橋と少しのすき間もなく、すぐにポイントが設置されている。

そして、複線線路が左右に分岐している。upwardleftupwardright
本線上の平面交差だ。
どちらも重要な幹線同士なので、ココの列車の通過は秒単位のトンデモナイことになっている。typhoonsandclocksweat01
よく事故が起きないものだ…sweat02

この区間を空から見ると、こうなっている。
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0613
(グーグルマップより)
線路がデルタ()状になっている、珍しい場所なのだ。

右下に行くと名古屋・豊橋方面。downwardright
上に行くと犬山(いぬやま)方面。upwardright
左が岐阜(ぎふ)方面だ。upwardleft

…んで、目的の西枇杷島駅は、道路とJR線に挟まれた赤い★の場所にある。

列車は分岐点をゆっくり左に曲がる。
そして曲がり終わると、目の前に「伝説の西枇杷島駅が見えて来た。shine

どん!
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0614
なんぢゃい、こりゃぁぁぁぁぁぁ~~~っsweat01dash

…コレ、駅なのかcatfacesweat02

屋根もベンチも電柱もナイ。
留置線の清掃作業場」と言われても素直に信じるだろう。sweat02

ホームで待っている女子が1人いるね。virgoshine
…確かに駅だ。

列車は駅に停まった。train

ホームに降りる。
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0615
…せ、狭いッス。sweat02

東武線「浅草(あさくさ)」駅以来の激細りっぷり
そぉ~っと降りないと、そのまま向こうの線路に転落してしまう。sweat01
歩きスマホ厳禁のホームだ。bandanger

しかも、信号機の位置と周りの黒い板の削りっぷりがハンパない。shock

驚いている最中に、頭上をJRの列車がゴーカイに通過していった。dash
…そう、ココはJR線(新幹線も)から見えるのだ。bullettrain
なので、いつも気になっていたのだ。

昔は本気で「信号場(旅客扱いしない停車場所)」だと思っていた。signaler
そしたら、ある日、ドアが開いて乗客が乗り降りしているのが見えた。coldsweats02
それ以来、いつかこの駅に来てみたいという熱い思いがあったのだ

実際に来てみると、やっぱ違うねっhappy02

立ち止まっていると列車が動けナイので、そそくさと離れて改札へ向かう。penguin
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0616
ホームちっちぇぇ…sweat02

まるで鉄道模型の手抜きレイアウトのようだ。(笑)

安全な所まで来て、駅名板と車両のコラボを1枚。camerashine
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0617
コレで証拠は残ったscissorsshine

歩きながら写真を撮りつづける。
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0618
改札へ行く道は、昔ながらの構内踏切だ。

ちなみに、奥のデルタ線の左方向は、現在通り抜ける列車はナイupwardleft
車庫代わりにときどき列車が停まっているだけだ。trainsleepy

改札に着き、立っていた駅員さんと挨拶してから外に出る。

駅の外からホームを見ると…
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0619
のっぺらだ。sweat02

このような特殊な構造なので、この駅に限っては事故防止のため、各駅停車が来る直前まで自由にホームに行くことは許されないのだ。banpaper
駅員さんの案内に従って、誘導されてホームに行く。
ローカル駅の改札と同じような感覚だ。clover

なので、この駅で降りた時は、ホームで立ち止まらずに素早く改札へ行くようにdanger

駅舎はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0620
屋根がヘロヘロだ。sign04

ちなみに、「駅前広場」というようなスペースはほとんどナイ。catface

駅舎の目の前には、大きな道路が隣接している。
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0621
どちらも重要な幹線なので、立体交差化されている。

下の道は、生活道路として残った車線だろう…。

余談だが、名鉄の踏切警報機は、関東の人間からすると変わった形をしていると感じる。
関東で一般的なのは、警報ランプ部分の裏板は丸くて黒色になっている。
名鉄のは、四角い板で黄色くなっているね。

そんなのを眺めていたら、すぐに後続の列車がやって来た。bud
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0622
特急が加速しながら通過して行った…。dash

豊橋~名古屋~岐阜を結ぶ本線なので、列車本数はかなり多い。typhoon

すぐに、上り列車もやって来た。
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0623
みどりいろーーーーーーーっcoldsweats02sweat01

名鉄は「」が特徴なのだが、この列車のお顔は超~珍しい「」色だ。
岡崎の「徳川家康400年祭」のラッピング車両なんだねぇ~。
コレは見れてラッキーなのかsign02
ホントは赤い電車が撮りたかったんだけどなぁ…coldsweats01

ホームをくまなく眺めることに。eyeshine
線路の横に道があるので、全景を眺めるには全く問題ナイ

名古屋方面行きのホームの端っこを見ると…
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0624
ココだけ鉄骨だね~。wrench

延長したカンジだ。
…って~コトは、昔は3両半くらいの長さしか無かったというワケか。catface
手前に側線のポイントがある関係なのだろう。clover

そんな思いをかき消すように、特急「ひだ」がディーゼルエンジンの爆音を立てて頭上を通過して行った…。dash

最後に、振り返って名古屋方面を1枚。camerashine
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0625
両端を線路と道路とデルタ線に挟まれ、どうにも拡張不可能な全国でもフシギな駅。

ふぅ~、来た甲斐があったぜぃgoodshine
コレで西枇杷島ミッション、コンプリート

…さて、名古屋駅に戻るか。recycle

もう寒くて、寒くて…。sadsweat01
雪が降る一歩手前のような雲に覆われて、風も吹いているのでね。typhoon

停車する列車は30分に1本かぁ…。catface
まだ時間があるから、もう少し探検してみよう。penguinsign04

…ってなワケで、JR線との交差部分を見てみることにした。
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0626
東海道線の鉄橋は、かなり歴史のある重厚な雰囲気だ。doorsubwaydoor

…お、線路沿いに道が続いているね。
進んでみよう。penguinsign04

鉄橋をくぐり、振り返って1枚。camerashine
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0627
手前のコンクリート橋は東海道新幹線だ。bullettrain

ココで踏切が鳴った。flair

振り返って待っていると…
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0628
来たーーーーっ!赤い電車heart04

最近、名鉄も真っ赤な電車が減ったものよのぉ…catface
半分くらいが、白色・銀色や青い帯の空港特急になってしまっている。

この電車を撮った時に、奥に見えるモノがあった。

近寄ってみると…snailsign04
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0629
…コレ、隣の駅でなくね?sweat02

何とsign01青空の下、隣の駅が目の前にあった。coldsweats02sweat01
しかも、こちらは準急停車駅で、15分に1本列車が停まる

…やっちまったようだな。sweat02

未知の驚きや感動を味わうために無計画・無調査で来たのが、完全に裏目に出たようだ。crying

だって、この位置から振り返ると…recycle
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0630
分厚い雲の下に、さっきの新幹線の橋が目の前に…。bullettrain

こんなに近かったのかぁ…(1Kmもナイだろ)

この時点で、「西枇杷島駅へ戻る」という選択肢は完全に消えた。empty
目の前の、停車本数の多い隣駅へ行こう。
ちょうど頭上で天気も違っていることだしぃ~cloudsun

駅前の踏切に差し掛かると、踏切が鳴った。flair
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0631
またもや特急の通過だ。

この車両、個人的には「名鉄」というよりも「南海」っぽいカンジがする。
名鉄もだいぶ変わったよなぁ…catfaceclover

ココで突然、デジカメの電池が切れた。emptysweat01
なので、ちょうど目の前にあったスーパーに入って電池をGET。
ラッキーscissorsshine

そしてすぐに改札の前に到着した。
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0632
ココは「二ツ杁(ふたついり)」駅というのか…。

」の字がハッキリ読めず、「“いりなのかな」と想像で読んでいた。coldsweats01
でも当たっていたようだscissorsshine
名鉄には難読駅名が多い。(「上ゲ(あげ)」駅とか)

ホームに上がる。
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0633
ココにも待避線があるね。

こんな近距離の2駅連続して待避線があるというのも珍しい。
まぁ、あちらは4両編成しか待避出来ナイからねぇ…coldsweats01
改札は上下線で別々のようだ。
地下通路などもナイ(しかも無人駅)。

約10分後の準急列車が来るまでの間に、プチ撮影タイム。camerashine
やっと分厚い雲も頭上から去り始め、暖かい日差しが戻って来た。sunshine

なんで電車に乗る直前なんだよぉぉぉぉぉ…crying

まずは駅名板を。
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0634
準急列車は、両隣の駅と東枇杷島駅には停車しない。

確かに、この地域は駅間が短いようなので、各駅停車はそれほど必要ナイのだろう。
準急に乗って、1駅歩くくらいでも全く問題ナイ。penguinsign04

何枚か通過列車を撮っていたら、準急列車がやって来た。
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0635
グーゼンにも3列車同時に撮れたぜぃ

しかも、赤・白・銀と、すべて違う種類だ
ラッキーscissorsshine

準急列車に乗り込む。

…あ、あったかぁぁぁぁぁぁ~~~いheart01spashine

やっと生き返ったbud

カラダが温まり心にゆとりが出来たので、帰りはじっくりと今来た場所を車内から見物する。eyeshine
…やはり、準急列車の停車駅くらいが、一般的な都市の駅間距離なのだ。
隣駅が近過ぎる。catfacesweat02

さぁ、名古屋駅に行くぞぉぉぉぉぉ~~~~dash

---------------------------------------

東京に帰宅後、グーグルマップでこの近辺を見てみた。searchshine

そしたら…
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0636
(グーグルマップより)
近過ぎるぅぅぅぅぅ~~~~っsweat01

赤い★が西枇杷島駅で、黄色いが二ツ杁駅。
赤い★の下に停まっている電車が4両編成(全長約80m)なので、駅間の近さ(600m)がお解り頂けよう。clover

さらに隣の「新川橋(しんかわばし)」駅も同じ駅間距離だった。on
まるで路面電車並みだ…。sweat02

…では、ナゼこの両隣の駅は存在しているのか?catface

西枇杷島駅は、あのデルタ線区間の管理駅という使命があるため。danger
新川橋駅は、川の両岸の駅の片割れという立ち位置か。

駅を統合するにも出来ナイ(敢えて残した)事情から、このような全国でも珍しい区間が出来たのだと思う。bud

やっぱ名鉄は奥が深いぜ…

つづき「大須グルメ」はこちらーっ!

| | コメント (11)