旅と鉄道(19名鉄)

2017年11月16日 (木)

旅日記 ~「名鉄乗り回しの旅 2017」その4・弥富~

前回「名鉄乗り回しの旅 2017その3・岐阜羽島」からのつづきーっ!

2017年9月10・11日の2日間で名鉄(名古屋鉄道)全路線を乗破してやろうと企てた、無知で無謀なおハナシ。tulip
(全5回シリーズ)

さて、またもや乗り換えぢゃ。recycle

次に乗る列車は…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その4・弥富-4401
目の前にいらっしゃるheart01

この「名鉄一宮(めいてつちのみや)」駅では、同一ホームの前後で別の列車が発着している。
どちらもココを起点に逆方向へ走って行くので、ぶつかることはナ~イupwardleftdownwardright

今からはどこへ行くのかというと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その4・弥富-4402
左下ッスdownwardleft

現在地は、中央ちょい左上の赤い線オレンジの線が接している所。
オレンジの線(尾西(びさい)線)をひたすら南下し、「弥富(やとみ)」駅まで行くのだ
恐らく、今日の中ではイチバンのローカル線区であろう…bud

さぁ、列車に乗ろう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その4・弥富-4403
つっしーーーーーーーっ

列車の行先は「津島(つしま)」行き。
オレンジの線どうしが合流している駅ッス。downwardright downwardleft

なので、弥富に行くには津島で乗り換えるということになる。recycle

車内に入ると、全てロングシートだった。
しかも、発車間際なので乗客も多い。
急いで窓の外が観やすい席に座る。sweat01

列車は、ほどなく発車。

高架区間から地上に降りると、のどかな景色が広がって来た。clover
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その4・弥富-4404
う~~~~ん、ローカル

木曽川まで2Kmほどの距離で並行して走るので、田園地帯が多いのだろう。
(この一帯は広大な湿地帯だろうからねぇ~)

単線の線路をそこそこの速度で走る。
晴れていたら、景色も良くて気分イイだろうなぁ~confidentcloversun

途中の駅では、上下列車のすれ違いも行われる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その4・弥富-4405
のんびり~~~~

先ほどの「玉ノ井(たまのい)」行きとは違って、倍の15分おきで走っているようだ。
なので、結構すれ違う。

駅に着く度に乗客が降りて行き、緑の中を走り始めた頃には…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その4・弥富-4406
ガラガラっす

平日の14時なので、まぁこんなモンだろう。delicious

景色があまり変化しなくなって来たので、車内をボケーっと眺めてみたり。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その4・弥富-4407
吊革まつりーーーーーーーっ

この車両も吊革が売るほどぶら下がっているッス。

名鉄は関東の車両と違って、座席周りにポールを設置しないで吊革でラッシュ対策をしているようだ。
ドアの近辺に立っている人達には、この方が掴まりやすい。
(それだけ朝の名古屋駅や金山駅までは混むという事か…)
ドアと座席の間の空間が広いというのも理由だろう。on

ついに景色が変化しなくなった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その4・弥富-4408
こんなカンジがどこまでもぉ~~~~~ぅ

オラ的には、シベリアの白樺並木が3000Kmほど続いていたのを思い出す。
(吹雪対策で、線路際に延々と白樺並木がある)

そしてついに乗客も…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その4・弥富-4409
いなくなってもうた。empty

途中から突然複線になった。

…そろそろ津島駅が近いのかな

その予想通り、列車はほどなく津島駅に到着した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その4・弥富-4410
乗り換えよぉぉぉぉぉ~~~~んrecycle

オレンジ色の線区は初めて来るエリアなので、勝手がまるで解らない。sweat02
まぁ、ホームは1面しか無いので慌てることはなさそうだ。

では、お約束の証拠写真をば。camera
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その4・弥富-4411
これで良しscissors

この赤い列車が、今まで乗って来たヤツね。up

ホームの中程に発車案内があったので、近寄ってみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その4・弥富-4412
接続は良さそうだ。

今乗っていた列車が折り返し発車した後、すぐに弥富行きがやって来る気配。soon

その間に、駅の周囲を眺める。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その4・弥富-4413
シテーーーーーーーーィhotelbuildinghospital

想像以上の都会でビックリsweat01
確かに、列車も名古屋駅から頻繁にやって来る。

折り返しの一宮行きが去った後、別の線路(津島線)から弥富行きがやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その4・弥富-4414
ガングロぎんいろーーーーーーーーっshadow

お顔が特徴的な銀色電車がやって来た。

車内に入ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その4・弥富-4415
豪華ぁーーーーーーーーっshine

普通列車用にしては豪華過ぎる転換クロスシート車両ではナイかっsweat01

コレはラッキーhappy02dash

ちなみに、座席はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その4・弥富-4416
ゆったりclover

午前中の座席とは大違いだ
この車両は特急運用でも使えるね

4両編成なので、好みの座席は難なくGET
終点まで車窓を楽しもうdelicious

…と言っても、街を抜けたらまた景色が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その4・弥富-4417
意地でもこの景色なのね。coldsweats01

まぁ、終点の弥富まで4駅なので、もう景色は諦めよう。(笑)

途中で高架区間になった時に、ゴーカイに駅の跡地を通過したのでビックリsweat01
全く予備知識が無かったので、他の地上駅よりも明らかに新しそうな駅が廃墟になっている姿に驚いた。coldsweats02
確かに、田畑のど真ん中にある駅だが…
(「弥富口(やとみぐち)」と言う駅で、1933年開業。高架化が1983年で廃止が2006年とのこと)

そして、列車は左にカーブしながら終点の弥富駅に到着した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その4・弥富-4418
西側のはじっこ制覇っshinescissors

これで、赤い本線より西に伸びる各路線の終端駅を制覇したぞ

…んcatface

このホーム、もしかしてココもかぇ

右にあるホームを見ると…upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その4・弥富-4419
あぁ、やっぱり。

この弥富駅も「豊橋(とよはし)」駅と同じく、JR東海と共同使用のようだ。

なので、ホーム上には…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その4・弥富-4420
ココにタッチ

お約束の乗り換え用IC改札機がある。recycle
三重県の「桑名(くわな)」駅にも変則版の改札機があり、中京地区には多いようだ。

そう思って2枚上のおさしんを見ると、JR東北線と阿武隈急行が合流する「槻木(つきのき)」駅と結構似ているね

同一ホームを2社が使用しているとなると、駅名板はどうなっているのだろうかcatface
豊橋駅と同じ方式かなぁ~

探してみると、すぐに見つかった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その4・弥富-4421
どくりつせんげーーーーーーん

ココのは両社で独立して建っているねぇ~。

でも、名鉄の駅名板は色褪せて白くなっているよ…catface
左隣のJRの駅名板は、裏側は何も書いていなくて真っ白だ。

裏側に回ってみると…recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その4・弥富-4422
にたものどーーーーーーーしっgemini

JRの方も色あせて字もかすれている。

よほど直射日光が強い場所なのだろう…sun
海が近いから風雨も強いのかなtyphoon

海が近いと言えば、この弥富駅は日本一地上で低い駅(海抜-0.93m)だそうな。down
すぐ近くを走る近鉄線の駅も同様とのこと。

さてさて、列車に戻ろう。

弥富駅での折り返し時間は短いようで、乗務員さん達が急いで前後の交代をしている。shadowsweat01
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その4・弥富-4423
少々遅れて到着したっぽい。

戻りは逆側に座り、来る時には観ていない景色を観ることに。

席に座るとほどなくドアが閉まり、列車は発車。(14:36発)
帰りは各駅停車の「吉良吉田(きらよしだ)」行きとなった。
途中の「須ヶ口(すかぐち)」駅から準急に、名古屋駅から急行になるとのこと。recycle

…んcatface

須ヶ口~名古屋間って、すんごい短距離なんですけどぉ…catfacesweat02
準急は「二ツ杁(ふたついり)」駅に停まる以外は、急行と同じだ。

…明らかに、二ツ杁駅にワザと停めさせて特急の通過待ちをしたいのが見え見えのダイヤだ。smile

名古屋駅の前後は線路容量がひっ迫しているので、こういった苦肉の策が取られているのだろう…

オラは今から水色の路線(河和線・知多新線)を攻めに行くので、この列車で名古屋駅のちょい先にある「神宮前(じんぐうまえ)」駅まで行こう。
ゆったりクロスシートで、しばらく景色を楽しもうdelicious

…と言っても、名鉄の新車は窓ガラスが紫外線カットの緑色ガラスになっているので、かなり色合いが異なって見える。
この後の写真で色調がおかしいのは、車内から撮ったモノっす。
一生懸命に色の調整をしたけど、この緑色は強かった…sadsweat01

再び高架上の廃駅をゴーカイに通過し、行きにも観た、前から気になっている駅に到着した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その4・弥富-4424
周囲に何も無いローカル駅だねぇ…catface

ホームの幅も狭く、利用客は多そうには見えない。

駅名板があった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その4・弥富-4425
佐屋(さや)ってココーーーーーーーっsweat01

2016年9月の「蒲郡(がまごおり)→豊橋の名鉄の旅」で、吉良吉田駅で「佐屋ってどこーーーーーーーっsweat01」と心の中で叫んだ駅はココだったのだ

…こんな所が終点なのcatface
特に大きな町の拠点駅でもナイ。
この駅から名古屋方面の列車はそれなりに走っているが、弥富駅に行く列車は少ない。

通勤時には、ココ佐屋駅発着の特急列車もある。

パノラマカーの始発駅ぃ……catface

何かイメージが湧かない。
JR特急「あずさ」の「南小谷(みなみおたり)」駅発着に近いノリだ。

列車はすぐに発車した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その4・弥富-4426
バイバイキ~~~~~ンpaper

だんだん名鉄列車の行き先と運用パターンが理解出来てきたぞdeliciousscissors

支線→本線(名古屋駅)→支線」と走る列車には、ほぼパターンがあるのだ。
犬山線常滑線西尾線津島線のように…

さてさて。chick

列車はまた津島駅に戻って来た。
ココからは、来た時とは別の津島線に入って行く。
(弥富~津島~一宮~玉ノ井間は尾西線)

この先も初乗車区間ッスhappy02

列車は、意外とのどかな住宅地の中を走る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その4・弥富-4427
でんえんとし~~~~~

田んぼと住宅地が、代わる代わる現れる。housebudbuildingbud

この区間はどこも似たような感じで、景色にそれほど変化はナイ。
ただ、奥に大名古屋シティーのビル群が見えていて、だんだんと近づいて来る。buildingbuilding

途中で停まった駅が気になった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その4・弥富-4428
見た目はフツーの駅だね。

特に変わったところもナイ。

でも、駅名をアップで見ると…searchshine
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その4・弥富-4429
焼きまくれーーーーーーっdash

何とsign01七宝焼き」の「七宝(しっぽう)」が駅名になっちょるぅーーーーっsweat01

ココは七宝焼きの名産地だそうで。
中京は古くから窯業(ようぎょう)が盛んなので、「瀬戸物」の「瀬戸」駅等も見かけるッス。aquarius

列車はほどなく本線(地図の赤い線)との合流地点、須ヶ口駅に到着した。

コレでオレンジ色の区間を制覇ーーーーーっscissorsshine

ココで時間調整のため、しばらく停車。clover

その間に、ホームの向い側に急行列車がやって来た。
そちらのほうが名古屋方面へ早く着くとのこと。soon

…この列車もココから準急になるんだよね
…で、名古屋駅からは急行に。

隣の急行列車との違いは「二ツ杁駅に停まって特急に追い越される」ということ。
かなりな小技を利かせて、逼迫している名古屋駅前後のダイヤを組んであるようだ。

…ま、急ぐ旅でもナイので(イヤ、ほんとは急ぐべきだろう…)、このまま座って行きますか。clover

乗換駅の神宮前までは、10分くらいしか変わらないだろう…。

車内の乗客は、半分以上が隣の急行列車へ…
でも急がない人達はどっしりとクロスシートに座っている。chair

急行列車が発車してから少しして、こちらの準急列車も発車。
そして、予想通り二ツ杁駅で通過待ち。snail

2015年1月にお隣の「西枇杷島(にしびわじま)」駅を探検した後に歩いて来た以来だねぇ~。delicious
(その時の、みなさんに人気の日記はこちらをクリックshine

特急が通過した後、西枇杷島駅を通過して地下の名古屋駅へ…
今回も降りることはなく、そのままスルー。on

そして、3駅目の神宮前駅で下車した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その4・弥富-4430
また来たよぉぉぉぉぉ~~んhappy01paper

昨日もこの駅で乗り換えたね。recycle

さぁ、今からは水色の路線を攻めに行くのぢゃ

待ってろよぉぉぉぉぉぉぉぉぉ~~~~んdash

(つづき「その5」はこちらーっ!)

| | コメント (0)

2017年11月13日 (月)

旅日記 ~「名鉄乗り回しの旅 2017」その3・岐阜羽島~

前回「名鉄乗り回しの旅 2017その2・セントレア」からのつづきーっ!

2017年9月10・11日の2日間で名鉄(名古屋鉄道)全路線を乗破してやろうと企てた、無知で無謀なおハナシ。chick
(全5回シリーズ)

おはようsunshinepaper

…う~~~、胃腸が痛い。despair

昨夜は飲み過ぎ&食べ過ぎた。
ぐっすりと眠れなかった…sad
もう暴飲暴食は出来ないお年頃なのねheart01 coldsweats01

さて、今日も乗り回しをしよう。
でも、月曜日なので朝ラッシュを避けてから~。

…ってなワケで、いつもどーりに10時にお宿をチェックアウト。
豊橋駅へと向かう。

今日はどこを攻めるかというと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4301
オレンジのエリアっす~~~ぅ

赤い名古屋本線から左にある、ニョキニョキ生えているオレンジ色の枝線を全て制覇するのぢゃdash

ほいで、時間があれば昨日の続きで…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4302
水色の線も制覇ぢゃーーーーっdash

…昨日の結果から推測するに、本線右側にあるピンク黄土色の各線まではたどり着けないであろう。catfacesweat02
2日間で全線制覇するには、夏の早朝から日没まで乗りっ放しにしていないと無理だなや、こりゃ。sweat01
(景色観ないでイイなら、深夜まで乗れるからモウマンタイ(無問題)なんだけどね~)

では、列車に乗ろう。bud

まずはオレンジ色の各路線を攻めるので、一番上にある竹鼻(たけはな)羽島(はしま)に行こう。
名鉄岐阜(めいてつぎふ)」駅の手前にある「笠松(かさまつ)」駅で乗り換えだねrecycle

…ってなワケで、今日も窓口で「μチケット」(ミューチケット:座席指定券)を買う。ticket
平日だから笠松駅に停まるか判らなかったので、とりあえず岐阜駅まで買ったッス。
(料金は一律360円なので)

改札を通り、ホームに行く。

ほどなく列車がやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4303
ぱのらまーーーーーーーっ

乗ってみたかった「パノラマスーパー」だっhappy02sweat01

でも、展望車は豊橋向きにあるので、今回も展望出来ず…crying
いつか岐阜から乗ってやるっdash

特別車の車内に入って、指定された席に座る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4304
リッチですなheart01

昨日の車両(2200系)とは違った、重厚でシックな雰囲気ッス。chairshine

座席はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4305
あついのぉぉぉぉ~~~~~ぅheart01

座席の厚みがハンパ無く、座り心地は最上級だgoodshine

座席の裏側は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4306
しょうわーーーーーーーっ

思いっ切り昭和のニオイをプンプンと残している。
ポケットも硬めで伸びず、ペットボトル等は入らない。

さて、今日も「ぷっ刺す」べぇ~delicious

チケットホルダーはっと…eyesign04

…無ぇよ。gawk

なので、近くにいた主婦の真似をして、席にぷっ刺してみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4307
おぉ、いぇい

ヘッドレストの厚みがハンパ無いのが判るッス

このμチケット、よく見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4308
昨日とほぼ一緒だよ。sweat02

席番が4列違うだけで、あとは全く一緒。
昨日は海側のD席、今日は山側のA席なので、両方の景色が楽しめるのだscissors

昨日と同じ列車なので、豊橋駅にいるJRの列車達もほぼ一緒。
この特別車の車種が違うくらいか…

さぁ、出発だ

こちら側(A席)の景色は見慣れているので、それほどジロジロ観ずに車内でまったり。clover

パノラマカー名物の「あれ」でも見てますかのぉ~。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4309
今日も飛ばしてますわよheart01

デジタルなんだけど、昭和なアナログの匂いがする速度計だ。
本線の最高時速は120Kmなので、結構イイ速度で走っている。traindash

この表示されている車両は、速度によって左右にスライドする。leftrighttrain
低速だと、先頭部分しか見えないのだ。

月曜のラッシュ明けなので、車内は結構空いている。empty
名古屋に買い物に行くマダムが多いカンジぃ~virgoshine

この座席で360円はお得よheart01

列車は快調に走り、「名鉄名古屋(めいてつなごや)」駅に到着。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4310
泡立だしーーーーーーぃdash

待避線がナイので、どの列車も慌ただしく乗降が行われる。recyclesweat01
特急とて例外ではナイ。
名古屋駅では、ボケ~っとスマホ観ていたら降り遅れるで。danger

-------------------

最近、ドアが開いて乗る人が入って来てから、席を立って降りようとする人が多過ぎる。
「ゆとり世代」と言うよりは、スマホや音楽に夢中になって「事前に降りる準備をする」ことが出来ないのだと思う。

バスは安全上「ドアが開くまで座っていろ」とアナウンスされるが、電車はドアが開く前にドアに近付いて「降りる意思」を示しておくべきだ。
(お年寄りや足をけがしている人等は別だよ)

でないと、乗り込んだ人がすぐにまた外へ戻らなければならなくなるのでね。
乗る人はみんなイラッとするでしょ。annoy

昔は「降りる意思」を示すのが「当たり前」だったのに、スマホの普及でマナーが後退してしまった…sad

-------------------

名鉄名古屋駅名物の「名鉄に訓練された人々の流れ」を観て、列車は岐阜へ向けて発車。trainsign04

ココからは超~久々の車窓の光景だ
A席側は途中でJR線が並び、運が良ければ新快速とのデッドヒートが観られる

今回は来なかったね…coldsweats01

そして、列車は木曽川をゴーカイに渡る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4311
そろそろ降りるでぇ~~~

岐阜の山の空が真っ黒だ…cloud
今日のお天気は大丈夫かなsweat02

ほどなく、笠松駅に到着した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4312
降りるでぇ~~~~~~

指定券は岐阜までだが、停まったので降りちゃったsmile
岐阜駅まではわずか5分程度だが、その往復のロスは今は避けておきたい…sweat02

次に乗る列車は、左に見える赤いのッスupwardleft

昨日もココで乗り換えようか悩んだが、緑の線を攻めに行ったのは、お天気的には正解だったようだscissorsshine

まずは特急列車をお見送り。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4313
バイバイキ~~~~ンpaper

今日も快適だったよheart01

-------------------

余談だが、この「笠松」駅、鉄ちゃんにとってはチト紛らわしいお名前なのだ。sweat02

名古屋駅近くにある貨物の拠点駅が「笠寺(かさでら)」と言い、車両製造工場がある山口県の駅が「下松(くだまつ)」と言う。
「下松」で製造された新車が関東に来る時に「笠寺」を通過するので、貨物の時刻表には「下松」「笠寺」の文字がセットでたくさん見える。
そのため、「笠松」の駅名を初めて見た時は「あれ名古屋市内にある駅と同じぢゃん」などと思ってしまうワケで…sweat02

…あぁ、どーでもイイ勘違い~~ぃcoldsweats01

-------------------

さて、乗り換えよう。recycle

今から乗るオレンジ色の線(竹鼻線と羽島線)を、終点まで往復する。leftright
今日は「行って戻って」の繰り返しの旅だ

列車の行き先は…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4314
シン・ハッシーーマ

新羽島(しんはしま)」駅行きだ。

この新羽島駅、東海道新幹線の「岐阜羽島(ぎふはしま)」駅開業によって出来た駅で、隣同士で並んでいる。
一応、「新幹線アクセス列車」という立ち位置だ。bullettrain

…「一応」ね。(^艸^)

その新幹線アクセス列車は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4315
編成が長いねぇ~~~。

堂々の2両編成だ。traintrainshine

さぞかし「ぎうぎう詰め」かと思ったら、乗客はほんの僅かのスッカラカン。empty
明らかに地元の学生やマダムやおっちゃんしか乗っていない。

竹鼻線の線路は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4316
いきなりの急カーヴっ

どう見てもローカル線の匂いしかしない…catface

しばらくして、列車は発車。
どちらかと言えば貧弱な規格の線路を、のんびりと進む。snailsign04

路線は単線で、途中駅で上下列車が交換(すれ違い)出来るようになっている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4317
…んフシギな改札があるぞ…catface

この「南宿(みなみじゅく)」駅、土地の関係で道路とホームの間に駅舎(改札口)を配置することが不可能だったらしい。
なので、ホームの真ん中に改札機を置いて、一周クルッと回る「儀式」を行わなければならないようになっている。recycle

つまり…

・乗車時
道路→ホーム→改札機にタッチまたは切符を通す→ホーム→列車に乗る

・降車時
列車から降りる→ホーム→改札機にタッチまたは切符を通す→ホーム→道路

という流れのようだ。

架線柱の右側に、そのシステムの案内板が設置されている。

…これって、切符の人はキセル出来るよね。catface(ICカードはキセルは無理)

そのままホームから道路に出ちゃえばイイんだもん
でも、どこかに監視カメラが絶対にあるので、後で捕まるだろう。ban

愛知・岐阜・三重には、フシギな改札機がいくつか存在している。

列車は次の駅に停まった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4318
…ハズレ

須賀(すか)」と言う、ごくフツーの駅だ。
でも、柱にひらがなで「すか」だけ書かれると、何とな~く「はずれ」っぽい印象が…coldsweats01

1枚だけ「あたり」という板があると面白いかもぉ~smile

列車はのどかな風景の中を進む。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4319
緑がいっぱぁ~~~~いbud

田畑が多い地域ですな。

田園地帯をのんびりと走っていた列車は、「江吉良(えぎら)」駅に到着。
ココから最後の1駅間だけ、「羽島線」と名前を変える。

発車後にコンクリートの高架線を登り始めた。
急に都会っぽい線路になったぞ。
(「…っぽい」だけで都会ではナイ)

何とな~く「西武秩父(せいぶちちぶ)」駅に到着する辺りにも似た構造だ。

そして、右にカーブしながら終点の新羽島駅に到着した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4320
コレがウワサの新羽島駅かっdash

新幹線からいつも見ているし、開業時に鉄道誌で読んだ事もあるが、実際に降り立つのは初めてだ
名鉄では最西端の駅だそうで。
(長良川から西に名鉄線はナイ)

新幹線アクセス駅に相応しい、立派な造りだろ~~うsmile
乗客もいっぱいだ

学生と社会人らしき人々が列車から降りた。
その数、10人ほど。

みんな新幹線に見向きもせず、駅前の建物群に向かって消えて行った…buildingschool hotel

まずは、証拠写真をば。camera
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4321
これでOKscissors

この列車で折り返すため、外には出ないで写真を撮りまくろう。

線路の終端は、こんなカンジ。end
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4322
ブツ切りぃぃぃぃ~~~~hairsalon

延長する意思もなく、無機質にプッツリと終わっている。cancer

左の新幹線ホームと比べると、新羽島駅の規模がお解り頂けよう。

…ってか、どのホームにも人がいねぇ。gawksweat02

この位置で左を向いて少し待っていると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4323
どかーーーーーーーーーーーんdash

のぞみ」ちゃんがゴーカイに通過して行った。bullettraindash
本気の速度で走っているので、シャッターチャンスは一瞬だcamerasweat01

名鉄新幹線と「岐阜羽島」の駅名板が揃った、オラのへっぽこデジカメでは奇跡的な1枚だscissorsshine
(いい加減、新しいの買おう…coldsweats01

さて、儀式が済んだところで、改めて乗って来た列車を観てみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4324
だんだんこの顔にも慣れて来たな…delicious

この車両は、名鉄ではごく一般的なスタイルで、一昔前のスタンダードモデルだ。

そうそう、新幹線ホームも撮っておこう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4325
ラララむじんくぅ~~~~~~~んempty

本当に必要があったのかこの駅…catface

地方自治体の「オラが県にも新幹線駅をっsign03」の典型的なパターンだと思う。
正直、岐阜県民はこの駅を使うメリットがまるでナイ。

岐阜市内から東京岡山・広島等に行くには、名鉄JRで名古屋駅まで出て「のぞみ」ちゃんに乗ったほうが格段に早い。
この駅には「こだま」ちゃんと一部の「ひかり」ちゃんしか停まらないからだ。

岐阜羽島駅の存在は、乗降客のためよりも、降雪時に関が原地区の対応をするための拠点としてのほうがはるかに高い。snowsnowsnow

新羽島駅(羽島線)も途中の江吉良駅から分岐して伸ばした「とりあえず路線」だったが、竹鼻線の江吉良駅以南が廃止されてしまったために岐阜駅からの新幹線アクセス路線のようなカンジになった。

さて、そろそろ列車に戻ろう。

乗務員さん達の準備も整ったようだ。
降りた列車にそのまま乗り込んだのに、ココでも不思議な顔をされない。
フリーきっぷの客は多いのだろう…

駅の先端は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4326
無機質の極みーーーーっ

ホントに「とりあえず造りました」感が、35年経った今でもプンプン漂っている。

ホーム長は4両編成分しかナイ。traintraintraintrain
…つまり、最大でもそれだけの需要しかないという事。
一応、周りには岐阜羽島駅に合わせて造られた街があるので、通勤客はそこそこいるようだ。

発車するよ~~~~~ん

列車は逆向きに発車した。recycle
行きとは反対側の景色を眺める。eyeshine

そしてほどなく、笠松駅に戻って来た。
今度は赤い本線で「名鉄一宮(めいてついちのみや)」駅まで戻るのぢゃ。

名古屋方面のホームへ移動。
僅かな区間とは言え、特急のほうが先に着くとのことなので1本見送る。

そして、サックリと一宮駅に到着ぅー。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4327
初降車ぁ~~~~~happy02sweat01

隣接するJR線(写真の奥ね)からは何度も見た事はあるのだが、降りるのは初めて。

この駅、昔は「新一宮(しんいちのみや)」駅と言っていた。
JR線は「尾張一宮(おわりいちのみや)」駅と言う)

名鉄のJRと隣接する駅名は「新~~」と言うのが多いが、主要3駅は「名鉄~~」に改称された。
そのほうが、よそ者(観光客)にとっては解りやすいからねdelicious
(列車の行き先表示には「名鉄」は付かずに、単に「岐阜」「一宮」「名古屋」と表示される)

さて、向こうのホームへ乗り換えぢゃ。bud

でも、特急列車が到着する直前に、これから行こうとしている線路上を赤い物体が走り去っていく姿が見えた。sign04traintrain

…タッチの差で行ってもうた。sweat02

次に来るのは何分後だろう
…ま、逆に慌てなくてもイイのが判ったので、ゆっくりと歩いておトイレ様に寄る。toilet

そして、ホームに上がると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4328
1番線から発車ね

今から行くのは、尾西(びさい)の「玉ノ井(たまのい)」駅だ。

発車案内を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4329
30分に1本かぁ…catface

20分待ち……結構なタイムロスだなや。sweat02

この1番線、ホームの前後で別々の列車が逆方向に発着する。downwardleftupwardright
なので、待っている位置を間違えると、まるで違う方向へ連行されるワケで…sweat01
JR松山(まつやま)」駅や東武鉄道「太田(おおた)」駅等でも似たような方法が取られているので、ローカルな拠点駅ではご注意をdanger

1番線の北(岐阜)寄りのベンチに座って、ひたすら待つ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4330
デカい。sweat02

この駅、昔からムダにデカいような気がしていたんだよね…catface
(東武の太田駅もね)

JR線から見ていた時はいつもそう思ったのだけど、実際に降りてみるとそうでもナイことが判った。flair
支線は2両編成の列車がテコテコ走っているだけだが、本線は6~8両編成がバンバンやって来る。
ココ止まりの本線の列車もあるので、折り返し設備も必要だ。recycle

…ってなワケで、しばらく列車の動きを見ていると、この設備はフル活用されていることが理解出来た。
納得♪goodshine
(太田駅は未だに納得出来ていない…gawk

今から乗るのは尾西(びさい)と言い、一宮から南北に伸びている路線。
なので、1番線は北行きも南行きも両方「尾西線」だから間違えないよーに。danger

余談だが、名鉄線には尾西線西尾線があり、超~紛らわしい。sweat01
走っている地域は全く違うので、ご注意をdanger
(西尾(にしお)線は、三河の吉良吉田のほうだよ)

長い時間とJRの長い貨物列車が過ぎ去った。clock bud

やっとこさ、玉ノ井行きの列車がやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4331
待ってたよぉぉぉぉぉ~~~~んhappy02dash

どうやら、この2両編成が1本で往復しているだけのようだ。recycle

…って~事は、往復しても30分で戻って来られるワケねdelicious

玉ノ井までは、4駅しかナイ。

こんな短距離支線の往復に、待ち時間も含めて1時間も掛かかるとは…catface
この先、大丈夫かな???sweat02

降車客が降りたので、そそくさとクロスシートに座る。
どんな路線にもクロスシート車が走っているのが好きheart01

ほどなく、列車は発車した。

走り出してすぐに、本線上に岐阜からやって来た特急列車の姿が…
やはりこういう「ちょい足り系」ダイヤなのね。catface
玉ノ井行きは岐阜行き列車のダイヤに合わせているようだ。

そんなことを考えていたら、すぐにお隣の「西一宮(にしいちのみや)」駅に到着した。
あまりに近い(700m)ので、本線上からもハッキリと見えるくらいだ。soon

高架上にある単線の駅で、階段の上り下りはキツそうに見える。(エレベーターはナイ)
すぐ近くにある一宮駅まで行って、エスカレーターで上下したほうが快適に思える。clover
事実、地元民はみんなそうしているらしく、尾西線でイチバン乗降数が少ないそうだ。

4駅しかない割には意外と乗客も多く、沿線も開発されている。houseschoolhouse
まぁ、まだ一宮駅の勢力圏内だからねぇ~。coldsweats01

高架線が地上に降り、「開明(かいめい)」駅に到着。
ちっこくて短いホームの割には、結構な住宅街だ。
でも、降車客はそれほどいなかった。

そして、すぐにお隣の「奥町(おくちょう)」駅に到着した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4332
大量下車ぁぁぁぁぁぁぁーーーーっdash

ココで乗客のほとんどが降りてしまった。

車内が急に明るくなる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4333
ガラン・ドゥempty

もはや乗客は僅か数人。

ちっこい支線の割には驚くくらいの住宅地が広がっていて、関東だったら6両編成位の列車が複線で往復するレベルだ

へぇぇぇぇぇ~~~、意外っsweat01

列車は住宅地の中をテコテコ走る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4334
この街並みは「ローカル線」と呼ぶレベルではナイな…housebuildinghotel

この辺も当然「車社会」なんだろうねぇ~。
駐車場がいっぱいだ。carrvcar

ほどなく、列車は終点の玉ノ井駅に到着した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4335
玉ノ井、制覇っscissors

駐輪場のチャリの数がスゴい…sweat02
…って~事は、かなりの通勤・通学客がいるということで。bicyclebicyclebicycle

さっきの竹鼻線とはまるで違う雰囲気。

パンフの路線図では判らなかったが、竹鼻線と玉ノ井駅は木曽川を挟んだだけだ。
玉ノ井駅のすぐ近くを木曽川が流れている。soon

やはり、「一宮(名古屋方面)が近い」というのが決定的な違いか…catface

線路の終端は、こんなカンジ。end
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4336
コレもブツ切りぃぃぃぃ~~~~

…だが、こちらは新羽島駅と違って、先に伸びていた形跡がある。
事実、戦前は木曽川の土手(今の本線「木曽川堤(きそがわづつみ)」駅)の辺りまで伸びていたそうで。
川を渡った先にも路線があって(鉄道橋はナイ)、岐阜まで行けたそうな。
今は宅地や道路になっていて、当時の面影はほとんど残っていないらしい。

上の写真の左側は、こんなカンジ。upwardleft
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4337
レトロ~~~~~~っ

この地方らしい、古い家達が残っている。
家々のすぐ奥には木曽川がある。

右側は、こんなカンジ。upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4338
まあまあ新しい~~~~っ

左に比べたら、比較的新し目の建物が並んでいる。househotel

手前の駐輪場&駐車場は、昔の駅構内の跡地かな
貨物列車も走っていたそうだから、ココに線路が並んでいたかもしれないねdelicious

空の雲、大丈夫かなぁ…sweat02 cloud

まぁ、雨が降っても今日は全て車内だからモウマンタイ(無問題)だけどねぇ~smile
(でも景色は見えづらくなる…)

さて、今回は折り返し時間が短いので、サクサク撮って行こうcameradash

ホーム全体は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4339
ごく一般的ぃ~~~~

規模は新羽島駅とほぼ同じだが、こちらの玉ノ井駅のほうが圧倒的に「生活のニオイ」がする。
多くの人が利用しているニオイがプンプンする

ホームの長さからして、ラッシュ時は4両編成が走るのかな?

車内に人がいないうちに撮っておこう
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4340
ナイスショットshinescissors

この名鉄式クロスシートは、中央のドアを境に背を向け合う「集団離反型」という配置になっている。
向きは変えられないため、進行方向に関係なく半分が後ろ向きになる。

シートを見ると、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4341
バス並みぃぃぃぃぃ~~~~

路線バスよりもチョットだけ良いくらいのレベルで、ご覧のように女性が座っても狭さが感じられる。virgosweat01

柔道部の男子2人が座った日には…sweat02
…力士2人は、まず無理だろう。shadowshadow

車内が空いていて1人で座る分には、それほど窮屈さは感じない。clover

今の新車はリッチな転換クロスシートなので、この名鉄式クロスシートは過去のモノになりつつある。

列車が逆向きに走り出した。recycle
今回も行きとは逆のサイドに座って景色を眺める。eyeshine

走り出して10分ほどで、一宮駅に戻って来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4342
ただいまぁ~~~~paper

あ~、ホントに往復1時間掛かっちゃったよ。sweat01
先を急ごう。

次に乗るのも尾西線なのだが、今度は南に向かう列車だ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その3・岐阜羽島-4343
…あれだ

目的の列車は、同じホームの目の前に停まっている。

さぁ、サクサク乗り換えるべぇぇぇぇぇぇぇ~~~~っdash

つづき「その4」はこちらーっ!

| | コメント (0)

2017年11月 9日 (木)

旅日記 ~「名鉄乗り回しの旅 2017」その2・セントレア~

前回「名鉄乗り回しの旅 2017その1・御嵩」からのつづきーっ!

2017年9月10・11日の2日間で名鉄(名古屋鉄道)全路線を乗破してやろうと企てた、無知で無謀なおハナシ。chick
(全5回シリーズ)

さてと、「御嵩(みたけ)」駅から「犬山(いぬやま)」駅に戻って来たぞ。traintrainsign04
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4201
この先はどっちに行こうかなぁ~~~catface

今はどこにいるのかと言うと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4202
上側のちょい右寄りッス。upwardright

ピンクの線緑色の線に接しているジャンクション部分だ。

今までは、赤い線を右下(豊橋)から左上(名鉄岐阜)にやって来て、緑色の線をひたすら右へと進み、先っぽの御嵩駅まで行って来た。upwardright
ただ今、13時半過ぎ。
今日は17時までには豊橋へ戻りたいので(予定がある)、ピンクの線(小牧線)で名古屋市内へ戻りますかいのぉ~。

列車を降りて、乗り換えるために階段を登る。
登った先は改札口もあり、各方面に出て行く列車の時刻が表示されている。
順番に見て行ったら…eyesign04

!!!!!っdash

よていへんこぉーーーーーーーーうっ

そそくさと改札横の窓口に行き、μチケット(みゅーちけっと:特急指定券)をGETした。ticket

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4203
出国するどーーーーーーっairplane

何と、超ナイスタイミングで「中部国際空港(ちゅうぶこくさいくうこう:セントレア)」駅へ行く特急「ミュースカイ」が来るではナイかっshinehappy02dash
明日乗ろうと思っていたけど、ココから長い距離を乗れるなら、今乗っちゃえぃっ

…ってなワケで、当初の予定とは大幅に違う場所に行く事になった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4204
右の下ぁーーーーーーっdownwardleft

犬山駅から緑の線を左斜めに下り、名古屋駅を通過し、青い線(常滑線・空港線)の先っぽまで行くのだ
今日は地図の上半分を制覇しようと思っていたんだけどねぇ~coldsweats01

名古屋駅からセントレアまではミュースカイだと30分程度。soon
犬山駅からだと同料金で1時間乗れるのでお得感が高い

急にテンションが上がったupup

わくわくしながらホームへ降りる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4205
ゴメンね、小牧ちゃんcoldsweats01

目の前には、本来乗ろうとしていたピンクの線(小牧線)の車両が停まっている。
小牧線はまだ乗ったことがナイんだよなぁ…catface

ほどなく、この列車は発車して行った。sign04train

そして、入れ替わるように次の列車がやって来た。trainsign04
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4206
おぉ、珍しいっsweat01

わずか8両(4両編成×2本)しかいない、名古屋市営地下鉄の7000形だっ

お顔のピンクが色褪せて、真っ白になっているねぇ…coldsweats01

この小牧線は、終点の「上飯田(かみいいだ)」駅で名古屋市営地下鉄の上飯田線に乗り入れている。
だが、その上飯田線は路線が1駅間しかナイのだ。soon

小牧線を地下鉄のネットワークにつなげて名古屋市内へラクに通勤出来るように、1駅だけ延伸されたのだ。
詳細の事情は知らないが、名鉄ではなくて名古屋市が建設する結果になった。
そのため、市営側でも列車を持っている次第。
1駅だけなので、2本もあれば充分だ。

そんな列車を眺めていたら、今から乗る「ミュースカイ」がやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4207
わくわくheart01

お顔の「centrair(セントレア)」のロゴがマヴすぃshine

この列車は、さっき豊橋から岐阜まで乗った2200系の特別車両と兄弟分で、お姿はかなり似ている。
でも、臨海部の空港に行くため、空をイメージした青いラインでデザインされていて、真っ赤な名鉄の中では異彩を放っている。
関東で言えば京急と同じッス。
(京急にも羽田空港をイメージした「ブルースカイトレイン」という真っ青な列車がいる)

ドアが開いたので、そそくさと乗り込む。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4208
ほぼ一緒ーーーーーーぅ

内装は2200系とほぼ一緒だ。

ミュースカイ」は全車指定席で、一般席(自由席)はナイ。
編成は4両で、2本つなげた8両編成でも運用されている。

座席や窓もほぼ一緒だ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4209
見比べたけど違いがナイね。delicious

列車はすぐに発車。

日曜の昼過ぎのためか、車内はかなり空いている。empty

そうそう、「ぷっ刺して」おかないとねsmile
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4210
コレで完璧heart01scissors

チケットホルダー、便利なのに何で新幹線に無いんだろう…bullettrain
(JRは特急券と乗車券が1枚になっているモノのもあるので、寝ている間に誰かに持って行かれたら一発アウトだしねぇ…coldsweats01

列車は住宅地の中を快調に走り、少しずつ乗客を拾っていく。
犬山~名古屋間は2月に乗っているので、それほど景色をガッ付いて観る必要はナ~イ。
そして名古屋駅に到着すると、大量に乗り込んで来た。

ほぼ満席ッス~~~full

オラの周囲は、香港人らしき広東語を話す団体で占められた。

…あぁ、久々の感覚heart01

香港、もう3年も行ってナイや。crying

そして「神宮前(じんぐうまえ)」駅からは未知の区間へ…

…って、途中の「大野町(おおのまち)」駅までは乗った事があるんだけど、2000年頃に乗っただけなので、もう記憶にナイ…catfacesweat02

なので、改めて青い線(常滑線)を眺めてみよう。
もう終点までノンストップでカッ飛ばすので、しっかり観なくては…eyeshine

キョロキョロ外を眺めていると、神宮前から3駅目の「大江(おおえ)」駅を通過した。
ココからはグレーの線(築港線)が1駅伸びているので、コレも乗ってやろうと企んでいた。
でも、それらしきホームが見当たらナイ…sweat02
すると、構内のはじっこの方にぽつねんと小さなホームがあって、2両編成の列車が停まっていた。traintrain
だが、パンタグラフが降りて車内に電気は通っていない。

…あのホームらしき部分って、車庫の一部分なのかなcatface

などと考えていたら、ミュースカイはさっさと通り過ぎてしまった。dash

…帰りに確かめよう。catface

そして、途中の「太田川(おおたがわ)」駅で、青い線水色の線(河和線)が分岐した。
この駅、セントレア開業に伴って大々的に改築され、2階建ての一大ジャンクションになっている。upwardleftupwardright
関東で言えば、京成の「青砥(あおと)」駅にかなり近い形だ。
(「京急蒲田(けいきゅうかまた)」駅ほどは複雑ではナイ)

ココから先は、昔ながらの沿線風景が残っている感じの区間を進み、「常滑(とこなめ)」駅を通過。

常滑駅を境に、線路の状況はガラッと一変する。recycle

空港用に造られた新線(空港線)なので、全てが高規格になっている。
関西空港や瀬戸大橋に似たカンジ~。

途中の「りんくう常滑(りんくうとこなめ)」を通過すると、いよいよ空港への長い橋だ
(この部分は関西空港とソックリ

海が近付いて来た。yacht
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4211
セントレアが見えるぅぅぅぅぅ~~~happy02sweat01

…ホント、関西空港にソックリ。

そして、橋を渡る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4212
わくわくheart01

香港国際空港にも似ているな…

後ろを振り返ると…recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4213
イイ眺めぇ~~~~

知多半島がキレイに見える。

そして、列車はサックリと中部国際空港駅に到着した。

…速いね。catface

名古屋駅から30分
大阪(なんば)~関西空港ともほぼ同じで、もの凄いデジャヴを感じる…sweat02

東京だと、羽田空港なら近いけど成田空港は1時間弱掛かるので、この速さは便利だ~
気軽に遊びにも来れるねheart01delicious

急ぐ旅でもナイので、大きい荷物を持った出国組を先に通して、オラはゆっくりと列車を降りる。snailsign04
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4214
完璧なホームドアぁ~~~~~っ

日本では珍しい、全面を覆ったホームドアだ。
車両といい、香港の「機場快綫(エアポートエクスプレス)」に雰囲気が似ている。

この乗り場はミュースカイ専用のようだ。

ホーム全体は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4215
すでに空港ぅぅぅぅぅぅ~~~っ

一般的なホームと違い、すでに空港ターミナルの中にいるような雰囲気だ。airplane
デパートの1階部分っぽくもある。

そうそう、お約束の1枚をcamera
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4216
せんとれ~~~~~~~あっ

コレでセントレア初訪問の証拠は残った
地図の緑の線青い線を制覇ぢゃscissorsshine

だいぶ空いたところで、振り返って撮ってみた。recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4217
左のホームがフシギな構造をしている…catface

右の1番線は、ガラスドアの向こうに直で車両が停まっているのだが、左の2番線はかなり手前にドアがある…
みんなの行動を見ていたら、謎が解けた。flair

カートを列車の前まで行かせないようにしているんだ

ドアの手前にポールが何本も建っていて、カートが進めないようになっている。ban
乗り降りがスムーズに行くように、あえてガラスドアをかなり手前に設置しているのかぁ…
結構考えられているんだな。catface
(車イス用のルートは別にある)

では、2番線を観てみよう。upwardleft

こちらのドアは一般の「ホームドア」ではないので、ビルの自動ドアと同じ感覚で開けて列車に近付く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4218
のぶながーーーーーーーーっdash

何とっsign01さっき犬山→新可児で乗った、信長ちゃんではないかっsweat01

もうこんな所まで来ていたのね。
…ってか、御嵩まで行って折り返して来ても追い付いちゃったってコトだよね。coldsweats01

信長ちゃん、また新可児まで戻るようだ。airplanerecyclecancer

ちなみに、車イスの方はこの背中側を進んで改札へ行けるようになっている。wheelchair

セントレアまで来たんだから、このまま信長ちゃんで折り返さないで空港のロビーまで行ってみようheart01happy02

まずは改札を出る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4219
今日初めて改札に切符を入れて外に出たッスticket

新可児駅以外では改札が無かったのでね。

…何か、見るモノ全てが関西空港にソックリだ。airplane

改札の奥に列車が見える以外は、南海JRの駅と雰囲気がかなり似ている。

でも、ココは「ねゃ~ごや(名古屋)」のお膝元ぢゃ。fuji

なので、振り返ると…recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4220
赤福ゆかりーーーーーーっ

中部地方の鉄板銘菓「赤福」(あんころ餅)と「ゆかり」(高級エビせんべい)のカンバンが

そして、ロビーがある右のほうを見ると…upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4221
ウィローーーーーーーぅ

名古屋のラスボス「青柳ういろう」のカンバンもheart01

うん、やっとセントレアのオリジナルアイテムに出会ったdelicious

関西空港のデジャヴ感がだんだん消え去って来た。

ココで、戻りの列車の時間を調べておくことに。searcheyesign04

次の特急(一般車)で戻ろうと思ったら、本数ナイのね。catface
まぁ、さっきの分岐駅の太田川まで戻るつもりなので、準急急行で充分だけどね。
今回は10~20分くらいの滞在でOKだな

では、空港へ行ってみよ~う

周りのみんなと一緒に、ターミナルビルにつながっている通路を歩く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4222
ゆるやかぁ~~~~

この緩やかな坂が、何となく東南アジアの空港をイメージさせる。
周りの葉っぱのせいかな
那覇空港もこんなカンジだよね…

ビルは目の前なので、すぐに着いた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4223
おぉ、いぇい

今ドキの空港」ッスね。

成田や香港とそれほど変わらない雰囲気だ。

左右には、チェックインカウンターが並んでいる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4224
右は国内せぇ~~~~~ん

右奥は国内線で、中央から左が国際線のカウンターになっている。

オラ、今はパスポート持っていないので、今日の目的は奥の上階なのだupwardright
おみやげ屋やレストラン等が並んでいるエリアなのだ。restaurantpresentbookcafe

正面奥のエスカレーターで上がる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4225
イイ眺めぇ~~~~~ん

セントレアは東南アジアの観光客が多いね。
だから南国の空港っぽい雰囲気がするんだなぁ~。delicious

上階に上がると、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4226
ワッフーーーーーゥ

右側には和風な建物が並んだエリアになっている。
羽田空港国際線ターミナルと似た雰囲気。

左側は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4227
欧米か?(←死語)

こちらは西洋風の建物が並んでいるエリアのようだ。

日本人観光客も楽しめるようになっているカンジがするーーぅ。happy02
(空港に遊びに来た人達ね)

まずは、奥の展望デッキに出てみよう

奥のドアまで行くと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4228
ぶぴゅ~~~~~~~~ぅ

雲さんがぶーぶー風を吹いて「強風にご注意danger」と叫んでいる。
(だったら雲さんが吹かなければイイのでは…catfacesweat02

そして、外に出ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4229
おぉ、いぇい

イイ眺めぇ~~~~んhappy02shine

こちら側は国内線の搭乗ゲートかな

奥に伊勢湾と三重県であろう山々が見える。
おそらく四日市(よっかいち)の辺りかな?

反対側に行ってみよう。upwardleft
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4230
人がいっぱぁーーーーーーーーいfull

みんなが下を覗き込んでいる。downwardlefteyeshine

オラも観てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4231
きゃっせーーーーーーーいairplanebuilding

手前にオラの御用達「キャセイパシフィック航空(國泰航空:香港)」のひこーきが停まっているっhappy02sweat01
そっか、さっきの広東語集団はコレに乗って香港へ戻るんだな…buildingbuildinghotel

左を観ると…upwardleft
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4232
いろいろいるぅぅぅぅぅ~~~

アメリカや韓国のひこーきも。
パッと見、アメリカ以外はアジアのひこーきばっかりだ。

展望デッキはコレくらいにしておこう。
どこの空港でもあまり変わらないからね。coldsweats01
(離着陸を観たければ、羽田か成田のラッシュ時が良い)

また建物の中に入る。

まずは、西洋風のエリアから観て行こう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4233
舞浜?

何とな~く、舞浜のイクスピアリ(東京ネズミーリゾート前の建物ね)にも似た雰囲気。
建物は洋風なのだが、お店は和なモノが多い。
ちなみに、真ん中の赤い文字のお店は、名古屋の超有名店「矢場とん」よheart01

洋風なエリアは日本全国どこにでもあるような雰囲気だったので、和風のエリアに移動。

こちらは、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4234
えどーーーーーーーーっ

江戸時代風の雰囲気だ。
基本的には、羽田空港国際線ターミナルとかなり似ている。

左手前の店は中華だが、それ以外は名古屋めし等のご当地モノが多い。

コレは外国人観光客は喜ぶでしょfujihappy02sweat01

我々日本人も、ココに来ればほとんど揃っているので、愛知県内をうろうろする必要がナ~イ。(笑)

細い道には、こんあお店もあった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4235
ダガッシーーーーーーっ

イイ場所にイイお店がありますねぇ~~~delicious
やっぱ駄菓子屋は路地裏にないとねheart01

さて、そろそろ戻らねば。clock

他にも「展望風呂がある」というハナシを聞いていたけれど、今回は時間的にスルーということで。
また来まひょdelicious

そそくさと駅に戻る。recycle

ちょうど急行列車が間もなく発車するタイミングだったので、乗り込むことに。
でも、後ろの車両は大混雑。fullsweat01
みんなスーツケースを持っているので、その中に入って行く勇気はナイ…sweat02

一番前まで行ったら、ほんの少しだけ席が空いていたので、迷わず座る。
ふぅ、ラッキーscissorsshine
ほどなく他の席も埋まった。full
オラもスーツケースに埋まった。sweat02

列車はすぐに発車。trainsign04

時間はもう15時20分ほど。
今からだと太田川駅から南下して水色の線(河和線)を制覇するには時間が足りナイ…。
(名古屋→豊橋は約1時間掛かるので、16時には名古屋駅周辺にいる必要がある)

う~~~~~ん…sweat02sweat02

今日はココまでーーーーーーーーっdash

素直に豊橋へ戻ろう。catface

…ってなワケで、この列車でそのまま「神宮前(じんぐうまえ)」駅まで戻ることに。

車内は遊んで帰宅する人達も乗っているので、かなりの混雑。
とても写真が撮れる状況ではナイ。camerasweat01
なので、おとなし~く人の隙間から外を眺める。eyesign04

途中、再び大野町駅付近を通過した。

…おっ、見覚えがあるぞflair

昔見た記憶が、何とな~くよみがえって来た。recycle
そうそう、この駅から目の前の海岸に行って泳いだんだよ
超~懐かしいねぇ~。delicious

太田川駅からは、もう外も見られない状態に…fullsweat01
日曜でもラッシュだなや。

結局、何も出来ずに神宮前駅に到着ーぅ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4236
さぁ、乗り換えだdash

神宮前とお隣の「金山(かなやま)」駅間は複々線になっていて、ラッシュ時は赤い電車がたくさん走っている。
今乗って来たのはホーム右側の線路を走り、左は豊橋方面から来た本線(地図の赤い線)の列車が走る。

豊橋は背中の方向なので、右にもう1本あるホームへ移動なのぢゃ。upwardright

案内板を見ると、ちょうど快速特急の豊橋行きが来る

μチケろうか」とも考えたが、それほどの乗車時間ではナイので、今回は特別車には乗らない事にした。
ただ、神宮前は特急だと名古屋駅から2駅目。
果たして、一般席に座れるかなぁ~~~~???coldsweats01sweat01

覚悟して最後部の車両に乗り込む。
やはりかなりの混雑で座れそうにナイ。sweat02

諦めていた所、目の前で座って寝ていたおじさんが、慌てて立ち上がって列車から降りて行った。shadowsweat01dash

おじさん、切符を席に落としていったので慌てておじさんに切符を渡して、窓側に着席。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4237
超ラッキーーーーーーーっscissorsshine

コレで豊橋まで快適に帰れますわんheart01

…ってなワケで、途中で空いて静かになった快適な車内で、豊橋駅へご帰還~~~
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4238
ただいまぁ~~~~~

現在、16時40分
お宿に戻ってリフレッシュして出掛ければ、17時半前には突撃出来るなheart01 smile

ホームをテコテコ最前部まで進む。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4239
あぁっsign01パノラマスーパーだった

コレに乗りたかったんだよぉぉぉぉぉぉぉぉ~~~っ
あぁ、神宮前でμチケットを買っていれば…crying

ちとガッカリしながら、何気に隣の飯田線ホームを見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4240
Oh、モーレツッdash

何と、飯田線の最長距離を走る「豊橋発上諏訪行き」ではナイかっsweat01

この「上諏訪(かみすわ)」駅は中央東線の駅で、長野県の諏訪湖畔にある。
ココから100駅ほどを各駅停車で、6~7時間掛けて走破する。

オラも2014年に、超~久々に乗り通したが、かなりおシリに優しくない旅だった…sad
(その時の乗破日記はこちらをクリックshine

ちなみにこの列車、上諏訪駅に着くのは22:58ッス。night

階段を登って改札を抜け、再びお宿に戻る。building
軽くシャワーを浴びてリフレッシュbudrecycle

17時半にお宿を出る。

出撃ぢゃーーーーーーーっpigdash

今夜はこのために豊橋にいると言っても過言ではナイ。
…いや、このために名鉄乗り回しをして昼間の時間を潰していたと言うべきか。(笑)

JRの跨線橋をテコテコ歩く。
いつもどーり、「のぞみ」ちゃんが足元をゴーカイな速度で通過して行く。bullettraindash
東京では体験出来ナイので、ちょっとワクワクheart01

そして、跨線橋を下りると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4241
見えてまいりましたheart01

豊橋駅西口、通称「西駅」の飲み屋街だ。barbeerbottlewine

この建物群は用水路の上に建てられたバラックで、行政上、もう建て直しが出来ないのだ。
なので、大事大事にリメイクして使われている。houseshine
昔はオッサンしか来ない場所だったのだが、最近は「おされスポット」としてデートや女子会でも使われている。virgovirgoshine

その中程にあるイタリア料理「HELP」がオラの行きつけ。
(HELPの日記はこちらをクリックshine

いそいそと中に入ろうとすると…

ゴメ~~~~~~ン、もういっぱいcoldsweats01

何ですとーーーーーーーーっcoldsweats02sweat01dash

今空いている席も予約でいっぱいらしい。full

このために東京から来たんだぜぇぇぇぇぇ~~~い。sweat01

ボーゼンと立っていると、「とりあず30分だけ座って」とママさんに言われて、カウンターに着席。
マスターとママさんは、オラがいつも東京から来ていることは知っているので、特別に入れてくれたのだ

30分で何が食えるのか…」と焦りながら、いつものメニューを注文。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その2・セントレア-4242
コレだよ、コレheart01

とりあず、生き返ったbeerhappy02dash

するとほどなく、横に座っていたファミリーが「お会計して。お兄さんゆっくり座っていって」と、超~優しいお言葉を…

ありがとうごぢゃいばすぅぅぅぅぅぅーーーーー。(涙声)cryingsweat01

コレで、オラは閉店まで座ってイイ事になったheart01(笑)

deliciousもぐもぐ、beerごくごく、happy02ゲラゲラ♪ 

…ホントに閉店時間だよ。catfacesweat02

6時間も居たよ。
名鉄を乗り回していた時間とほぼ同じ。(笑)
さっきの飯田線が上諏訪駅に着くのとほぼ同じ。(爆)coldsweats01

さぁ、お宿に戻りまひょ。

また明日も来るかもぉ~」と言い残して、お店を出る。

いやぁ~、今日は満足だったheart01

明日は残りの区間を制覇しないとなぁ…

さぁ、明日はどうするか…catface

起きたら考えよ~~~~~~っと

つづき「その3」はこちらーっ!

| | コメント (2)

2017年11月 6日 (月)

旅日記 ~「名鉄乗り回しの旅 2017」その1・御嵩~

前回「小田原・御幸の浜2017」からのつづきーっ!

2017年9月10・11日の2日間で名鉄(名古屋鉄道)全路線を乗破してやろうと企てた、無知で無謀なおハナシ。train
(全5回シリーズ)

前日の9月9日の昼頃に、神奈川県の「小田原(おだわら)」駅周辺を散策した。
小田原城と御幸の浜を歩き回る。penguinsign04

そしてそのまま新幹線に乗り込み、愛知県の「豊橋(とよはし)」へ移動。bullettrainsign04
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-41011
涼しくて空いている「こだま」ちゃんの旅~ぃbud

車内を快適に過ごし、16時過ぎに豊橋駅へ到着。

今夜は地元の元・人形劇団「ばんび」のお姉様から、蒲郡(がまごおり)の秘宝「超グソクムシ煎餅」を受け取るだけなので、早速駅前のホテル「東横イン」にチェックインbuilding

超~通い慣れた駅のコンコースを歩き、東口に出る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4102
ユーーーーーラクっ

ちょうど目の前に、豊橋名物「ブラックサンダー」ラッピングの市電(豊橋鉄道市内線)がやって来た。thunder
こんなにハッキリとこの車両を観たのは初めてかも…
(側面はしょっちゅう見ているけどね)

ホテルにチェックインし、小田原で噴出した汗を流すべくシャワーを浴びてスッキリ~~~happy02shine

ゴロゴロしていたら待ち合わせ時間になったので、ロビーの外で合流。
そのまま近くにあるビアホール「独逸(どいつ)」で、デッカいジョッキを持って我が「大日本麦汁愛飲党(だいにっぽんむぎじるあいいんとう)」の党会議を行う。beerhappy02sweat01
そこで、愛知支部から東京本部へ「活動支援物資」として「超グソクムシ煎餅」を受け取った。
(そのせんべいの日記はこちらをクリックshine ←ビビるなよsmile

党会議も無事に済み(飲んだジョッキの杯数は無事では無かったが…)、バイバイキンしてすぐにお宿でゴロン

おやすみんみ~~~んnight

ZZZZzzzz....

そして翌朝。sun

おはようpapershine

さぁ、今日は早速名鉄ちゃんを乗り回しに行こう
お天気もイイカンジぃ~sunshine

いつもどおりに10時にお宿を出て、そのまま豊橋駅へと向かう。
(お宿は連泊ね)

今日は駅の窓口で切符を買うのだ。ticket

買った切符はコレ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4103
ケムリ出るまで乗り回せーーーーーっdash

2日間乗り放題の「名鉄電車2DAYフリーきっぷ」ッス。
4000円で2日間乗り回せる、超~お得なきっぷなのだheart01
(1日用は3100円)

単純に豊橋からイチバン遠い「御嵩(みたけ)」駅まで往復すると3440円なので、2往復すればボロ儲けッスsmile
一般的な「名鉄岐阜(めいてつぎふ)」駅まで往復しても2940円なので、効果大dollarshine

さて、名鉄はどんな所を走っているかと言うと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4104
このパンフレットで解説しよう。book

駅の窓口でもらえるからね~。
(豊橋駅ではちょうど品切れだったので、名鉄岐阜駅でもらった)

このパンフを広げると……デカい。sweat02
あまりにデカいので、上下半分に分けてご覧いただこう。

まずは上半分。up
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4105
こんなにあるんだぜーーーーーーぃdash

名鉄は、愛知県と岐阜県を実効支配している巨大な鉄道会社だ。
路線の総延長は日本第3位444.2kmとのこと。(①近鉄 ②東武 ③名鉄)
駅数は275駅もあるんだってsweat01

上の図の、真ん中やや下に大名古屋シチーがあり、デカデカと「名鉄名古屋」と書かれている。
名鉄は名古屋駅を中心に、カニのように足が広がっている。cancer
故に「クルッと回って戻って来る」という時短作戦が取れナイ、難攻不落の城なのだ。sweat01

…さぁ、コレは本気でルートを練らないと無理だぞ。sweat02
(ちょっと名鉄ナメてたかもぉ…sweat01

いろいろ考えた結果、今日はイチバン奥にある御嵩駅を攻めることにした。
上の地図で言うと、右下から赤い線を左上(名鉄岐阜駅)まで行き、右に伸びる緑色の線をはじっこ(御嵩駅)まで行き、折り返して緑が交差している駅(犬山駅)まで戻って来てから先を考えることにした。bud
時間や体力によって、そのままを左斜めに下りて名古屋駅方面へ出るか、ピンクの路線で名古屋市内(上飯田駅)に戻るかを決めよう。

ちなみに、今いる豊橋駅はどこかと言うと…
上の地図からハミ出ちょるぶぁいsweat01

なので、下半分をご覧いただこう。down
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4106
超~~~右下downwardright

ホントに愛知県の入口という場所にある。
JRで東に2駅行けば、もう静岡県だ。soonjapaneseteafullmoonfishfujispa

豊橋から全線制覇するには、まずはすぐ上にぺろっと伸びている豊川線に乗るのが順序であろう。
でも、今夜も豊橋に泊まるので、豊川線は後回しでも良い。
左にある紫の蒲郡線と西尾線も、去年乗ったから後回しでも良いだろう…catface
(その時の日記はこちらをクリックshine

…ってなワケで、まずは岐阜まで行こう。
基本の「名古屋本線」(赤い線)から制覇ぢゃ。dash
(昔に乗ったことがあるんだけどねぇ…)

どうせ行くなら、今日はリッチに行きたひheart01
窓口で一緒に特急券「μチケット(ミューチケット)」も買った。ticket

お値段、何と360円
隣の駅だろうがイチバン遠い駅だろうが、一律で360円なのだ。
関東の私鉄と比べると、あまりの安さにビックリするcoldsweats02sweat01
イイなぁ~~~。
(それでも日中の車内はガラガラだが)

改札を抜け、ホームに降りる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4107
言い出せーーーーーーーん

名鉄に乗るのに何でJR飯田線ホームにおるんや」とは言い出せない。
…ってか、みんな知っている。bud

今立っているホームの左側を見ると…upwardleft
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4108
名鉄線のホームなのだ

でも、右に見える駅名板はJR東海だ。

しかぁ~し、アップで見ると…searchshine
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4109
めいてつぅぅぅぅぅぅ~~~~

日本全国でも希な、JRの駅名板に私鉄のロゴマークと駅名が入っているレア物なのだっdash

左下の「いな(伊奈)」は名鉄の駅だ。

ちなみに、裏側には名鉄のロゴは無く、飯田線の次の駅「ふなまち(船町)」が書かれている。
伊奈駅の手前までは名鉄線とJR飯田線が線路を共用しているので、こうなった次第。
(飯田線も戦前は私鉄だった名残りッス)

名鉄の特急列車がやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4110
パノラマで無いけど新しい~~~~っ

名物の「パノラマカー」に超~久々に乗ってみたかったんだけど、まぁ、新車だからイイっか
車内設備がまるで違うのでねdelicious

いつもは料金不要の一般席を狙ってホーム先頭まで歩くのだが、今日はゆったりと手前の2号車で待機~

列車が停まった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4111
わくわくheart01

豊橋寄りの2両は特別車(座席指定車)になっている。
一般席はフツーの通勤型車両なので、長距離を移動するなら特別車に限るgood
(一般車の車内の様子はこちらをクリックshine

この特別車は2200系と言うようだ。

乗客が降りたので、車内に入る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4112
快適ぃぃぃぃぃぃ~~~~

やはり一般車とはエラい違いだ。
このタイプの車両は数回乗った事があるが、豊橋から…しかも1人で乗るのは初めてなのだhappy02

座席はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4113
結構イイっすchair

新幹線にも似たタイプで、シートピッチも広い。on

ちなみに、荷棚の縁にある細長い切れ込みのようなものはLEDライトで、停車駅が近付くと明滅して荷物の取り忘れがナイように降車客の視線を荷棚に向けさせるようにしている。flair

…なかなかの心理戦ですな。good

そして、名鉄の指定席と言えば、コレも名物で外せない。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4114
ぷっ刺せぇぇぇぇぇぇぇーーーーぃsagittarius

チケットホルダー」と呼ばれる秘密兵器で、名鉄の特別車にはほとんど取り付けられている。
(古い車両にはナイ)

ココにμチケットをぷっ刺しておけば、爆睡していても起こされずに検札が完了する。ticketeyeshine
愛知県民と岐阜県民はみ~んな知っているアイテムぢゃ

地元民はみんなぷっ刺しているから、観光客も真似して刺しておいてね~~
(どこで降りるかの個人情報が丸見えだけどね。smile

豊橋から岐阜までは1時間20分ほど掛かるのね…
御嵩駅に着くのは何時になる事やら…catfacesweat02

列車は快調に走り、名古屋を通り過ぎ、時刻通りに名鉄岐阜駅に到着した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4115
実に快適だった~~~~goodshine

コレで完全に特別車に目覚めてしまい、この後はμチケットを乱発することに…coldsweats01

まずは地図の赤い路線(名古屋本線)を制覇っscissorsshine

岐阜駅は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4116
シンプルぅ~~~~~

本線は見えている範囲で全てだ。
今から乗り換える緑の路線のホームは離れていて、右奥の見えない所にある。upwardright

名鉄の岐阜駅に来るのは、いつ以来だろう…catface

もしかしたら、まだ「新岐阜」駅と呼ばれていた、岐阜市内線(路面電車)が走っていた時代かも…
2000年の時??

さぁ、乗り換えよう。recycle

まずはホーム前の窓口でパンフ(地図)をもらう。book
実は、この時点で名鉄全線をやっと把握することが出来たのだ。coldsweats01

地図を見て思った。

…オラ、無知で無謀な事を始めちゃったんぢゃぁ~。sweat02

2日間あれば超~余裕だと思っていたチャラい気持ちは、この地図を見て一気に吹き飛んだdashsweat01sweat01

…先を急がねば。sweat02

もう1つのホームは階段を降りた所にある。downwardright
発車時刻を見ると、それほど余裕はナイ。

テコテコと階段を降りると、右側にホームがあった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4117
どっちかなぁ~~~~

どちらも各駅停車なのだが、車両は雲泥の差がある。
左の白いのは特急用の一般車(2両編成)でシートもリッチだが、右の赤いのはごくフツーの通勤電車(4両編成)。

発車案内板を見ると「先発は右」。upwardright

…仕方ナイ、先を急ぐから赤い方に乗ろう。catface

この赤いの、途中から先は準急列車になるとのこと。
なおさらこっちに乗らなければ…
たかが14分差、されど14分差ぢゃsweat01

赤い列車の車内は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4118
一見リッチそぉ~~~~~~~う

関東の人間が見たらリッチに見えるが、このクロスシートが曲者(くせもの)なのよ。sweat01
向きも角度も変わらず、しかもシートピッチや幅がバス並みに狭い。bus
女性2人が座るなら問題ナイが、デカい男が2人座ると……座れナイ。sweat02

まぁ、今はローカル線の4両編成なので、混むことも無いだろう。empty

列車のドアが閉まって、出発しんこーーーーーーぅ

今から乗る路線は、上半分の地図の緑色で「各務原線(かかみがはらせん)」と言う。
子供の頃からこの「各務原」の読みが覚えられずに苦労した記憶が…sweat02
(かくむがはら かがみがはら?? かかむがはら???sweat01

列車は木の枕木のローカル線を、そこそこのスピードで走る。
線路が貧弱なのに、意外と速度を出すのねぇ~。catface

そして列車は、お子様時代の最難読駅名の駅に到着。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4119
なげーーーーーーーよっdash

各務原市役所前(かかみがはらしやくしょまえ)」という、長~~~い駅名だ。on

この駅は単なる途中駅なので、列車はすぐに発車。

この辺の車窓の景色は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4120
のんびりぃ~~~~~

岐阜ののどかな田園地帯だ。clover

コレは進行方向右側の景色で、左側には単線の線路がチラチラ見え隠れしている。
その線路とはJR高山本線だ。
非電化路線で踏切が無いと存在が判らないほどだが、飛騨(ひだ)方面に行くには重要な路線なのだ
(オラはまだ乗ったことがナイcoldsweats01

ほどなく、列車は「新鵜沼(しんうぬま)」駅に到着。
広い駅構内に列車が何本も停まっている。
この駅は名古屋方面から来る列車の終点で、特急列車も頻繁に来る。

オラの乗っている列車はそのまま「犬山(いぬやま)」駅まで直通するので、座ったままで待機。

列車はすぐに動き出し、超有名な「犬山橋」を渡った。
今はフツーの鉄橋なのだが、昔は道路と線路が一体化された、路面電車のような感じで走る鉄橋だったのだ。

オラはその頃、伯父の運転する車に乗せられて、パノラマカー(7000系)のおしりにピッタリくっついて眺めた記憶がある。train carsign04
今思えば、よくあんなぴったりしたタイミングで電車の後ろにくっつけてくれたなぁ~~と、感慨ひとしお

車と一緒に走るので、ミュージックホーンを大開放で鳴らしまくっていたのが懐かしい…notestrain
名鉄 犬山橋 ミュージックホーン」で動画検索してみてね~
(地元民や鉄道ファンに聞くと「ど~け~よ~ ど~け~よ~ ○すぞ~~~」と歌ってくれるよん(笑))

犬山橋を渡ると、列車はアッサリと犬山駅に到着した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4121
着いたワンdogdash

犬山駅も超久しぶり……ではナイんだな
今年の2月に、リトルワールドに来ているのだscissorsshine
(その日記はまだ書いていない…sweat02

さて、ココで「広見(ひろみ)」に乗り換えぢゃ。recycle

地図を見ながら御嵩方面の列車を探すと…book eyeshine
(途中駅の駅名が解らないので、地図を見る必要がある)

どうやらコレのようだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4122
のぶながーーーーーーーっ

車内に大きく「信長」とラッピングされた、いかにも戦国チックな車両が…

行先は「準急 新可児」と表示されている。
新可児(しんかに)」駅は御嵩に行く途中の駅で、全列車が新可児止まりで再度乗り換えが必要らしい…recycle

…んぢゃ、乗り込めぇ~~~~dash

…あれcatface
名鉄の銀色電車って、乗るの2度目かな
前回は、確か「二ツ杁(ふたついり)」駅から名古屋駅までの短距離だったよな…。soon

車内に入って、ドア上の案内表示を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4123
づんきう」ぢゃねーよ。catface

外には「準急」と表示されているが、車内は「普通」…

停車駅は2つしか変わらないけどね~~。
(どうやらすぐに外も「普通」に直されたっぽい)

車内は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4124
今ドキですな。

2017年現在で、日本全国でフツー見掛ける新車と同じような仕様だ。
シートの色がキレイだねshine

ほどなくドアが閉まって、列車が発車。

…あれ逆だ。catface

オラが予想していた方向と逆へ動き出したので、体の傾け方が逆になって少し慌てるsweat01
(地図で犬山駅を見ると、線路が名古屋からまっすぐぽかったんだもぉ~~~ん)

列車はのんびりと走る。clover
車内もガラガラだ。

ほげぇ~~~っと外を観ていたら、何やら見覚えのある場所が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4125
リトル・ハッシーーーーーーーーィ

奥の水色の橋は、リトルワールドにバスで向かった時に通った道ではっsweat01
その時は橋の上から名鉄の線路がず~っと見えたなぁ~。
(当時は「おそらく名鉄線だろう…」くらいにしか理解していなかった)

…そっか、ココなのねdelicious

そう思うと、急にこの辺に親しみが沸いて来る。(笑)

目の前に座っていた外国人男性が、犬山遊園駅(さっきの犬山橋のたもと)に行きたいのに間違えてこの列車に乗ってしまったことが判って、車内のみんなで「次の駅で降りて戻れぇ~ぃsweat01」と身振り手振りで一生懸命説明するアクシデントがあったが、彼が下車してからは至って静かな空間に…clover

落ち着いたところで、車内を見回してみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4126
あった、あったdelicious

ドアの左横に銀色の箱が見えるっしょ。upwardleft
コレも名鉄ならではのアイテムなのぢゃ

この箱を操作して、ドアの開閉を行う。leftright

名鉄の路線はローカル線(無人駅)が多いので、車掌さんが車内を歩き回って切符の販売・回収等を行う事が多い。ticket
なので、列車のどの車両にいても駅でドアが開けられるように、運転台がナイ中間車両にはこの箱が設置されている。
日本ではあまり見られない方式だが、欧州では結構当たり前の設備だったりする。

箱の上にベルがあって、発車の前には路面電車のように「チン、チンっ」と鳴る。bell
これは名鉄と関西の私鉄ではごく一般的な合図。
関東~東北の私鉄にはナイので、東日本の人が中部~関西に来るとフシギに感じる事も多いと思う。delicious

しばらくして、右側にまた単線・非電化の線路が現れた。downwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4127
…えっ高山本線…ぢゃナイよねぇ~。catface

高山本線は新鵜沼駅で左奥の山脈に消えて行ったので、明らかに違う路線だ。
慌てて地図を見ると…「JR線」としか書いていない。sweat02

そろそろ新可児駅に到着するらしく、車内アナウンスがあり、それで判明した。flair

太多(たいた)」かぁ~~~

名前は何度も聞いたことがあるが、線路を見るのは初めてだ。
駅がチラッと見えたが、かなりのローカルさを醸し出している。bud
名鉄のほうが便利だからねぇ~~coldsweats01

列車は新可児駅に到着ぅ~。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4128
…そうだ、信長だったんだ。

す~っかり忘れていたよ。(笑)

さて、ココでまた乗り換えぢゃ。recycle
次は御嵩行きなので、もう乗り換えはナイ。

新可児駅は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4129
突き当りぃぃぃぃぃ~~~~~end

…おっ、またココで進行方向が変わるワケね。enter

左の、屋根がほんの僅かしかないホームに停まっているのが御嵩行きのようだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4130
どんどん車両が短くなっていく…

アナウンスの声が小さくて発車時刻が聞き取れなかったので、さっさと乗り換えるべぇ~~

ホームのはじっこ(駅舎)まで行って発車時刻を確認。eyeshine
…おっ、まだ数分あるようだsandclock

なので、先に信長を撮っておいた。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4131
…見事に逆光。coldsweats01

天気が良過ぎるのでお顔しかハッキリ見えない。

折り返しの行先を見ると「普通airplane中部国際空港」と表示されている。

えぇぇぇぇぇーーーっsign01各駅停車でセントレアまで行くのぉぉぉぉぉ~~sign02sweat01
通しで乗る人、いるんかいなcatface

後で知ったが、途中駅から準急等に変化するようで。
名鉄の列車は途中駅から種別が変更される事が多い。recycle
(翌日に「普通→準急(わずか数駅)→急行」という列車に乗ったッス)

さぁ、御嵩行きだっ

そそくさとおトイレ様に寄ってホームへ行こうとすると、電車の前に改札があった。

…ココもかcatface

以前、蒲郡線に乗った時も「吉良吉田(きらよしだ)」駅に同様な中間改札があった。
ワンマン運転区間との境の駅では、先に改札機を通してから列車に乗せるようにして、運賃の回収漏れを防いでいるようだ。
関東でも、JR鶴見(つるみ)」駅で同様の方法が取られている。

オラはフリーパスなので、当然改札機もフリーで通過~penguinsign04

乗り込む前に、記念の1枚。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4132
思えば遠へ来たもんだなや。

もう完全に未知の領域なので、ワクワクするheart01
事前調査して来たら面白くも何ともナイので、あえて無知な状態で来たッスscissors

車内に入る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4133
ガラガラぢゃempty

ワンマン列車は蒲郡線と全く同じ車両(共用)なので、今回は特にキョロキョロ見回す所はナイ。

ほどなくドアが閉まり、列車は発車。

列車はのどかな光景の中を走る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4134
実ってるぅぅぅぅぅぅ~~~っ

田んぼにビッシリと稲がっshine
どれも重そうに頭(こうべ)を垂れているねぇ~delicious

ココは「何米」と呼ばれているんだろうcatface
岐阜…美濃…可児…

このお米を炊いたら「可児飯(カニめし)」になるのかなsmile cancerriceball

列車はのんびりてろてろと走り、「御嵩口(みたけぐち)」に到着した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4135
次は終点~~~~~

意外な事に、タダでさえ少ない乗客がココでほとんど降りてしまった。sweat01

残った乗客はオラを含めて4人sweat02
(オラと3人家族)

オラが乗っている後ろの車両が貸し切り状態になってしまったので、後ろの運転台まで行って眺めてみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4136
いいローカル具合だbud

今日来て良かったねぇ~~~deliciousscissorsshine

そして列車はすぐに終点の御嵩駅に到着した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4137
やっと着いたぜぇ~~~~~いend

長かったぁ~~~~。sweat01

ただ今13時ちょっと前。
豊橋を出たのが10:15だったので、約2時間40分掛かったことになる。clock

まずは、改札の外へ出てみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4138
やっぱ4人しかいない…

さて、どうしようchick

外を散策してみるか、このまま戻るか…catface

ホームの時刻表を見たら、30分に1本のようだ。

…今日はココで長居しないほうがイイな。

発車まで数分しかないので、急いで駅舎の姿だけ撮って列車に戻ろう。

…ってなワケで、そそくさと外に出て駅舎をパチリ。camerasweat01
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4139
コレで証拠は残ったーーーーーーっdash

でも記憶には残らないであろう…coldsweats01

…今回は「下調べ」という風に考えておこう。
気に入った場所が出来たら、またじっくり来ればイイだけのこと

さぁ、戻れっdashsweat01

急いでホームへ戻る。
さっきのファミリーは、駅舎内の観光案内所でパンフを見ているようだ。book

今のオラにはその余裕がナぁーーーーーーイっsweat01sweat01

列車に戻り、座席に座る。

不思議と、運転士さんはオラの切符を改めようとしない。
フリーパスでトンボ返りする人(鉄ちゃん)が多いのだろう…recycle

列車はすぐに発車した。

帰りの車内は、女子高生で溢れていた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4140
ぢぇいけぇぇぇぇぇぇぇーーーーーーいっvirgovirgovirgoheart04

日曜日なのに制服を着ている……部活かな

地元の学生なので駅ごとにパラパラ降りて行き、数駅でほとんど降りてしまった。

あ~ぁ、静かになっちゃった。catface

そして列車は新可児駅へ戻って来た。
再びホーム上の改札をぺろぉ~~んと通り過ぎ、犬山方面の列車に乗り換える。recycle

座席がイイ車両を希望していたが、来たのは各務原線で乗ったのと同じタイプ…
まぁ、狭いながらもクロスシートがあるので、早めにキープしよう。

前のほうに行ったら、アッサリとイイ席をGET。scissors
名鉄はクロスシートが多いから好きheart01

この列車も「普通airplane中部国際空港」行きだった。

途中駅からデカいキャリーバッグを持った外国人の家族が乗り込んで来た。

…やっぱり乗り通す人がいるのかもぉ~。coldsweats01

車掌さんが通りかかった時に、パパらしき人が質問。
すると車掌さんが「途中で乗り換えたほうが早いですよ」と答えていた。
理解出来たのかなぁ…sweat02

その車掌さんが途中で「あの技」をご披露してくれた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2017その1・御嵩-4141
ドア開けたーーーーーーっ

途中駅でこの車両の箱を操作してドアを開けたのだ。

初めて見るぅぅぅぅぅぅぅ~~~~~heart01happy02sweat01

開く時は全てのドアが開く。
乗降が終わったらどうやってドアを閉めるのかなぁ~」と疑問に思っていた。
だって、全てのドアが同時に閉まったら、車掌さんは外の安全確認が出来ないからねぇ~。

その疑問はアッサリと解決した。flair

ドアのスイッチは2つあったのだ。

まず、「他ノ戸」のスイッチを操作して、車掌さんがいる扉以外のドアを閉める。
そして安全確認が出来た後、「此ノ戸」のスイッチをポチッとなして、目の前のドアを閉める。
最後に「チン、チン」と鳴らして発車する。

なぁ~~んだ、ドイツの新幹線「ICE」と一緒ぢゃん

でも、いいモノ見させてもらったぜぃheart01
目の前で見られたのはラッキーscissorsshine

名鉄の秘技を見せてもらっているうちに、列車は犬山駅へ戻って来た。

さぁ、この後はどうするか…catface

降りたら考えよ~~~~~~っとsmile

つづき「その2」はこちらーっ!

| | コメント (4)

2016年10月 3日 (月)

旅日記 ~「蒲郡→豊橋・名鉄の旅」2016~

前回「蒲郡・竹島水族館 2016」からのつづきーっ!

2016年9月17~19日に、愛知県の「豊橋(とよはし)」へ行ってきた。
ブログ仲間の人形劇団「ばんび」のお姉さまから、2年ぶりに「納涼ビール電車」乗車命令が出たからだ。(笑)
(18日に乗った「ビール電車2016」の日記はこちらをクリックshine

----------------------------------------

さて、竹島水族館からテコテコ歩いて「蒲郡(がまごおり)」駅前に戻って来たぞ
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6201
腹減った~~~~~ぁ

ず~っと立ちっぱなしで歩いていたので、さすがに腹減った。sadsweat01
(いつもどーり、昨夜の宴から何も食べていない)

サックリと駅そばでも食べますかいのぉ~noodle

JR改札口の横に、立ち食いそば屋さんをハッケーンhappy02
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6202
目立たないッス

隣のコンビニが目立つせいか、真ん中の柱(壁)のせいか、最初は気付かなかった…
うどん・そば」の、のぼりで判った次第。coldsweats01

ココ蒲郡はB級グルメの「ガマゴリうどん」なる、アサリのうどん(塩味)がある。noodle
おみやげ用を家で食べたことがあるが、ご当地ではまだナイ。
なので、食べてみようと中に入ると…

全く無ぇーーーよ。catfacesweat02

そば・うどん・きしめん」の、全国でも基本的なメニューしかナイ。
その他はカレーくらい。

町で推しているメニューが駅にナイって…sweat02

でも、メニューの中に、変わったご当地モノが1品あった。

「ポンポコラーメン」noodle

…コレって、袋麺ぢゃろが。(ーー;)

時々買って、東京まで持って帰っているよ。

450円払ってポンポコラーメンは…sweat02
(味はイイよ

なので、ココはおとなしく「きしめん」にした。
せめてもの愛知名物を食べてやるのだっdash

食券をおばちゃ…マダムに渡すと、すぐにやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6203
おぉ、いぇい

シンプルながらも、美味そぉ~~~~ぅheart01happy02sweat01

刻みあげがどどーーーん!と載っている。
おつゆは、カツオだしが効いたモノ。
きしめん」と言えばカツオですなfish

オラが入った時はおぢさんが1人食べていただけだったのだが、ほぼ同時に女性1人客やファミリーも入って来て、急に賑やかに。tulip
まぁ、ちょうどお昼だしねぇ~。

曇った空を見上げながら、黙々と食べる。noodledelicious

…さて、どこ行こっか

そんなことを考えながら、きしめんを美味ち~く頂き、店を出る。

まずは名鉄の改札口に行ってみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6204
ラララむじんくぅ~~~ん

ちょうど電車が行ってしまった後だったので、誰もいない…。empty
時刻表を見ると、30分おきに走っている模様。

券売機の上にある料金表(路線図)を見ながら考える。

…あれこの駅って、ICカード使えナイsign02sweat01

蒲郡吉良吉田(きらよしだ)」間(蒲郡線)はワンマン運転区間なので、ICカードが使えナイそうだ。
その先(西尾線)に乗り通す人は、券売機で証明書を発券して持っていてね」…と書いてある。

勝手が良く判らなかったので、ココは切符を買うことに。ticket

とりあえず、途中の駅まで買おう。
どこに行くにも支障のナイ、本線との接続駅「新安城(しんあんじょう)」駅までのを買った。

切符を駅員さんに見せてスタンプ押してもらって、ホームへ上がる。upwardleft
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6205
イイ眺め~~~

少しお天気が回復してきたのか、雲の上が明るい。cloudshine
でも、晴れ間はまだ出ていない。

この場所から振り返ると、こんなカンジ。recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6206
ホームちっちぇぇ…

左のJRホームと比べると、マグロイワシくらいの違いがある。(笑)fish

JRのホームは12両くらい停まれるのかなぁ~。on
(この区間の一般的な列車は、8両編成が最長)

こちらの名鉄のホームは4両編成がやっと停まれるくらい。sweat01
(通常は2両編成)
しかも、目の前が終点だ。end

ホームの海側を見ると…upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6207
やっぱ、眺めはイイねぇ~~~

正面にあるウッドブラウンの建物の右奥にある、お山の下辺りから歩いて来たのだ。

レンタルチャリンコ娘達は、今頃どうしているのかなぁ…catface
空が明るくなって、良かったね

列車に乗る前に、路線図をご覧いただこう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6208
名鉄の路線図はハゲしく枝分かれしてるのだ

…名古屋
…蒲郡
…吉良吉田
…新安城
…碧南
…豊川稲荷
…豊橋
…佐屋

今はのガマゴリちゃんにいる。
ココに来る列車は全て吉良吉田行きなので、まずはで乗り換える。

そしてまで移動して、の「碧南(へきなん)」駅に行こうかと…
碧南は鉄ちゃんスポットが満載なのだが、このお天気ではビミョ~。catfacesweat02

…で、最終的にはの豊橋駅へ15時頃までに戻って来る計画。bud
豊川稲荷経由でも良いッス

…さすがに大名古屋シチーまで行く気力はナイ。coldsweats01

列車が来るまで、ホームを点検searcheyeshine

すると、終点の手前の線路上が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6209
地上子まつりぢゃーーーーーいっ

線路の間に白い箱「地上子(ちじょうし)」が、これでもかっsign01と並んでいる。
コレは自動列車停止装置(ATS)の一部で、列車の速度を検出するために置かれているだ。
終点なので、突っ込まないように細かく速度を調べるためにお祭り状態になっている次第

奥の方からヘッドライトが近づいて来た。flair

そして、列車が目の前にやって来た。train
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6210
コレっす

この真っ赤なスカーレットこそが、名鉄電車だよぉぉぉぉぉ~~ぅshinehappy02sweat01

最近は銀色や白色の車両がかなり増えたので、チト寂しいのよ…weep

まずはお約束の、駅名板と車両のコラボをば。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6211
ガマゴッてるぅぅぅぅぅ~~~~んheart01

ガラガラなので、余裕で撮影出来るッスsmile

車内はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6212
わんまーーーーーーん

ワンマン運転なので、運賃箱が置かれているッス。dollar

後ろに振り返ると…recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6213
こちらは一般的。

進行方向イチバン前のドアからしか出られナイので、みんな前の車両に座っている。
後ろの車両のドアは開かナイっす。
(ローカル線のワンマン列車では一般的な方法だよん)

名鉄車両は、車内にも特徴がある。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6214
吊ってるぅぅぅぅ~~~~

関東の車両のように、吊革が座席上の横に伸びたパイプからぶら下がっていなく、直接天井からお垂れになっている。

あと、この形式だけの特徴か、中吊り広告も「¿」形の金具で引っ掛けてあるだけだねぇ~。
コレは冷房化でダクトを通した結果、こうなったのかな
(名鉄は詳しくナイので…coldsweats01

ほどなく、列車は発車した。traintrainsign04

隣の「蒲郡競艇場前(がまごおりきょうていじょうまえ)」駅までは、JRと高架線で併走する。
真横にあるJRのホームには「三河塩津(みかわしおつ)」駅と書かれている。

名前は違えど同じ駅なので、観光で競艇に行く人はご注意を~danger

ココから先は、海沿いにテコテコ走るローカル線となり、急に揺れが大きくなる。typhoon

線路も木の枕木で、レールも今や骨董品の短尺レールがまばらに使用されている。
(通常のレールは1本が25m。短尺レールは15mくらい)

実は、20年ほど前(1995年頃)にも、一度だけこの区間を乗ったことがあるのだ
その時の記憶は、車窓から見える三河湾しか残っていない…catface

そんな記憶を思い出しながら、景色を見ていると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6215
そうそう、こんなカンジぃ~~~delicious

確かにこの路線に乗っていたようだ。(笑)

余談だが、名鉄車両は車内設備が良く、通勤電車なのにカーテンもリッチなのよshine

列車はガッチョンガッチョン揺れながら、鉄ちゃんのツボを刺激しまくって快調に走る。
関東の大手私鉄では、このローカルさは味わえナイよーーーーーんhappy02sweat01

名鉄は奥が深いッス…heart01

名鉄名物と言えば、この列車は発車時に「チンチンっ」とベルの音がしない。bellempty
ワンマン運転だからだ」と気が付いたのは、終点も近くなってから。coldsweats01

この「チンチンっ」は、中部と関西の私鉄に多く、関東の私鉄には一切存在しない。
路面電車から発展した名残なのかな

畑と田んぼに挟まれた直線を力走すると、終点の吉良吉田駅に到着した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6216
キラリンshine

この駅名、前から気になっていたんだけど…sweat02
やはり、「吉良上野介(きらこうずけのすけ)」の地元だったのねnight

さて、列車の乗り換えだっrecycle

これから乗る西尾線の列車は、少し離れた別のホームにいる。upwardright
なので、移動しながら撮って行こう。

まずは、今乗って来た列車をば。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6217
先頭で少年が撮影しているねぇ~。

その先には、まだまだ線路が続いているように見える。on

後で調べたら、2004年まで碧南駅に線路(三河線)がつながっていたんだってsweat01
ちっこいレールバスが走っていたという…

…そっか、ソレがココだったのか。bud

するって~と、昔に来た時には走っていたハズだよなぁ…catface
何で写真に撮っていなかったんだろう
記憶にもまるでナイしぃ~。sweat02

この時は何も判明出来ていなかったので、そのままサクサク進んでしまった。penguinsign04

乗り換える西尾線ホームは左側にある。downwardleft
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6218
やぢるしに従うべぇ~

蒲郡線の線路は、真っ直ぐ進んでいるッス。updown
そこに、斜めから急カーブで西尾線がつながっている構造。upwardright
アルファベットの「」のような線路配置ッス~。

左を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6219
をぉ、改札っsweat01

ホームから改札を見ると、その先にまたホーム…
チョット変わっているっしょdelicious

コレは、関東でも「鶴見(つるみ)」駅の鶴見線ホームで見られる方式。
ローカル区間は無人駅が多いので、本線系との乗り換え駅の中間に改札機を設置しているのだ。

ICカードの人は、ココで駅員さんに乗った駅を申告するシステムっぽい。
オラは切符なので、そのまま改札機に入れて通過。penguinsign04
(ちゃんと切符は出て来るからご心配なくsmile

対面に停まっている列車が、これから乗る急行列車だ。

ホームに行って振り返り、今の中間改札を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6220
なるほどねぇ~。

外へ出る改札は右奥にある。upwardright

西尾線ホームから蒲郡方面を見ると…upwardleft
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6221
…あれ記憶にあるっ

この急カーブ、確か同行の仲間が写真を撮っているぞsweat01

帰宅後、引き出しをゴソゴソやること数分…typhoon
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6222
(1995年頃同行の仲間が撮影)
出て来たよぉぉぉぉぉぉ~~~~んheart01scissorsshine

隣の下りホームで撮ったモノだが、間違いなく吉良吉田駅であろう。
しかも、今ややって来ない「特急パノラマデラックス)」に乗って来たんだぜぇ~いhappy02

他にも数枚出て来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6223
(1995年頃同行の仲間が撮影)
にゃぁ~~~~~~っ

パノラマデラックスが去った後、線路の向こう側から1匹のネコがやって来た。cat

そしてシュタッsign01とホームに上ると、近づいて来て…
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6224
(1995年頃同行の仲間が撮影)
何かくれよぉ~~~~ぅheart01cat

バッグを開けて(恐らく)タオルかお茶を出そうとしたら、エサをくれるのかと思ってバッグの中に顔を突っ込んで来た次第sweat01
結局、エサ(オラの食料)をあげてしまったんだっけかなぁ…coldsweats01

オラにとっての「吉良吉田」とは、こんな想ひ出bud

さて、列車に乗ろう。clover

今から乗る列車は、コレ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6225
佐屋(さや)」ってどこーーーっ??sweat01

名鉄の路線は、カニに似たような形をしている。cancer

真ん中の甲羅が名古屋駅で、両側に枝線がニョキニョキ伸びているのだ。
なので、その足の先っぽの駅名達を熟知していないと、どっち方面に行く列車だかサッパリ解らナイsweat01

まぁ、今は新安城駅まで行ければイイので、黙って乗り込むことに。penguin

西尾線ホームはこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6226
キュ~~~~~~~ぅ

かなりの急カーブっす
4両編成なのに先頭が見えナイ…sweat02

手前は学生達が多くいたので、ガラガラな前のほうに行って車内に入る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6227
しゃれおつぅ~~~~

通勤電車にしてはお洒落なデザインだね
豊橋~名古屋~岐阜」間のJR線と対抗するためには必要なのだろう…

下ぶくれ感がぷりち~heart01happy02sweat01

名鉄って、貫通扉の上に案内表示器があるよねぇ~。
表示される停車駅の案内を見ても、佐屋駅がどこだかサッパリ判らナイので、網棚上の路線図を見る。eyeshine

戦うこと1分弱…sandclock

アッタヨーーーーーーーっflairhappy02dash

路線の終点の2つ手前にあったから、見つけるのに時間が掛かったぢゃナイかーっsweat01
正解は、ガマゴリ駅で見た路線図のだった。

…ふう。catface

車内はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6228
シックですな

昔の旧型電車はトンでもなくボロくてポンコツだったけど、この時代(昭和後期頃)の車両達は素晴らしいgoodshine

ほどなく列車は発車。

しばらくは各駅に停車するが、「急行」なので途中の「西尾(にしお)」から駅を通過するのだ
(名古屋少し手前の「神宮前(じんぐうまえ)」駅から「準急」に変わるんだって)

先ほどとは違って、乗り心地の良い線路を淡々と走る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6229
同じ会社の路線とは思えナイ…sweat02

空いている空間を…と移動していたら、先頭まで来てしまった。

…おっsign01久々にやっちゃいますぅ~smile

…ってなワケで、座ってみました、鉄ちゃんシートheart01(笑)
(右側にある運転台直後の座席ね)
この車両、前方の見晴しはとても良いgoodshine

久々に前面展望を楽しむ。
ガラガラだから気兼ねしなくてイイやぁ~happy02
(お天気イマイチだけど…)

しばらくはカーブの多い区間を走るようだ。
吊革が天井から吊ってある構造上、結構左右に揺れる。typhoon

気になったので、見上げてみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6230
吊革まつりーーーーーーーぃdash

吊革の見本市か

こんなにたくさん付いているのは初めて見た。coldsweats01
(その代りにパイプが少ない)

線路は単線なので、列車交換のために待つ時がある。bud

すると、向こうからやって来た下り列車は…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6231
しまったーーーーーーっsweat01

銀色ではあるが、あちらは座席がクロスシートで豪華なのよheart01

1本待てば、アレに乗れたのにぃ~~っbearingsweat01

…まぁ、乗っちまったものは仕方がナイし、前面展望を楽しんでいるからねぇ~
このまま乗り続けよう。clover
(結局、すれ違った列車でイイ座席なのは、この銀色電車1本だけだった)

数駅走って、高架で立派な西尾駅に着いた。
ココでは数分停車とのこと。bud

席に座って前を観ていると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6232
複線なのにこっちの線路で向かって来るーーっsweat01

あれドーイウコトsweat02sweat02sweat02

でも、奥から現れたヘッドライトは、あの位置で動いていないようだ。flair

頭の中が「?????」状態で見ていると、ヘッドライトが再び動いた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6233
おんやぁ~~~

フシギっす…sweat02

下り列車到着後、こちらが走り出してから納得。flair

…あぁ、奥から単線なのね。

さっき、こちら側の線路を走っていたように見えたのは、単線の「西尾口(にしおぐち)」駅に停まっていたからなのだ。
駅を出るとすぐに複線になるので、上の写真のように通常の光景に見えるというカラクリ

クネクネ曲って川を渡ると、だんだん市街地になって来た。
新幹線の線路も現れ、いよいよ本線に近付いたようだ。bullettrain
車内もだんだん混んで来たッス~。

そして列車は新安城駅に到着。
碧南に行くか悩んだ末、ココで降りて豊橋に戻ることにした。enter
(碧南に行くには、2駅先の「知立(ちりゅう)」まで乗ってから乗り換える)

碧南はお天気のイイ日に行こぉ~~~っとheart01happy02

列車を降りて、豊橋行きに乗り換えだ。recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6234
バイバイキ~~~ン

佐屋行き急行列車は、ゆっくりポイントを渡って、本線に入って去って行った。trainsign04

20年前の西尾線の記憶が全くナイんだけど、今思うと、友達と特急列車に乗っていたせいかもしれない…。
ゆったり座ってハナシしていれば、記憶には残らナイわなぁ…catfacesweat02

さて、豊橋行きは右のホームなので、地下道をくぐる。downwardright
地下には改札もあるんだねぇ~。

そして、豊橋行きホームに上がって、今いたホームを見る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6235
へろへろぉ~~~~~~。

ココを通る度に気になっていたんだけど、この駅の屋根って、メチャクチャ古いよねsign02
お金ナイの」と心配したくなるほどの放置っぷり
レトロ」と言うより「老朽化」だよねぇ…catfacesweat02

でもねぇ、ホーム全体を観てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6236
あれれcatface

屋根の構造(古さ)が3つに分かれているッス

手前は最新なので、どうやらお金がナイのではなさそうだ…coldsweats01
何故に残してあるのだろうか…
…まさか、産業遺産を狙ってsign02(笑)

向こうのホームに赤い電車が来たので、撮影してみた。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6237
少し暗いのでブレちゃったね…coldsweats01

この列車、何かヘンな違和感を感じた。catface

何でだろう…と思っていたら、コレだと気が付いたflair
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6238
高さがぜぇ~んぜん違ぁ~~~うsweat01

お屋根の高さがまるで違うからだ。updown

今までの名鉄車両って、結構丸くて小さかったのね。chick
…それだけ、お金掛けて丁寧に造られていた証拠だgoodshine

赤い列車が去った後、奥からモーレツな勢いでヘッドライトが近づいて来た。dash
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6239
はやぁーーーーーーーーーーいっdash

本線の特急列車は時速120Kmでカッ飛ばすのだ。dashdash
アッという間に走り去って行った…

今からこちらに来る特急列車は、新安城に停まるタイプのモノなので、ありがたやdelicious

列車がやって来た。
さっきのモーレツ君とは違ってゆっくり停まる。clover

上手い具合に窓側の席に座れたので、まったりと景色を眺める。eyeshine
…あ、明るい時間に豊橋行きに乗るのって、初めてかもぉ~

25分ほどで豊橋駅に到着した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6240
ただいまぁ~~~~

連休のせいか、列車の写真を撮っている人が多いねぇ~。shadowcamerashine

ちょうど飯田線の列車が発車するところだったので、撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6241
う~ん、当たり前。smile

JR東海の管内では当たり前過ぎる光景だ。
(今はどこに行ってもこの車両(313系)がいるからねぇ~)

そうそう、お約束の列車と駅名板とのコラボを。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6242
ぢぇーあーるっ

名鉄電車が写っているのに、駅名板と下の時刻表はJR飯田線

この裏側から撮ってみると…recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6243
JRなの名鉄なのcatface

最近、名鉄の駅番号が貼り付けられたため、JRのカンバンに「MEITETSU」の文字が…

…コレは珍しい状況になったぞ(笑)

この変則ホーム、いつまで続くのやら…delicious

さて、改札を出るには乗り越し清算をしないとイケナイ。ticket
改札口はJRの管轄なので、ホーム上の名鉄の窓口で事前に清算をしなければならない。
切符を渡して不足金額を払う。dollar

蒲郡→豊橋」、JRだと320円なのに、名鉄だと1360円だよ(笑)

清算窓口のおじさんも「えっ」という顔をしていた。coldsweats01
こんな酔狂な客もいるんだよ、うん、うん。
1DAYフリーきっぷ」だと3100円もするのでね…sweat02

いやぁ~、楽しかったhappy02

ただ今、14時半
15時前には戻って来れたね~。delicious

確か、お宿の部屋に入れるのは15時からだったような…
(連泊だから、少々のフライングはOKっぽい)

時間まで、駅ビルで今夜の「ビール電車」に持ち込む食料を買うべぇ~
…と思ったら、改札内でナイスなモノを見つけちゃったので、それを買い込んで終~了~
(結果、大成功scissorsshine

お宿に戻って、シャワーを浴びて1時間チョット寝っ転がる。clover

さぁ、時間だ。clock

…んぢゃ、麦汁浴びるほど飲んで来るわよぉぉぉぉ~~~んbeerhappy02sweat01

つづき「ビール電車2016」はこちらーっ!

-----------------------------

 おまけ 

昔、吉良吉田に行った時に、帰りのシンカンセンも撮っていたようだ。camerashinebullettrain
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡→豊橋・名鉄の旅2016-6244
(1995年頃同行の仲間が撮影)
ぜろけぇーーーーーーーーーぃ

懐かしの「0系」車両だheart01happy02

ココって豊橋駅だよねぇ…
この地点での記憶しか残っていないッス。coldsweats01

-----------------------------

| | コメント (4)

2015年5月18日 (月)

旅日記 ~「初めてなのに懐かしい 三岐鉄道三岐線 2015」その1~

前回「豊橋・ロシア料理バイカル2015」からのつづきーっ!

さぁ、今日(2015年4月12日)は今回の旅の第2目的、三重県の「三岐(さんぎ)鉄道」探検なのだーーーーっhappy02sweat01
(全8回シリーズ)

9時半頃、「豊橋(とよはし)」駅前のお宿をチェックアウトする。
そして、おととい行って飲んだ、駅西口にある飲み屋街を撮影。house camerashine
駅前でおみやげの「ヤマサのちくわ」をガッツリ買い込み、そのまま名鉄線の乗り場へ…

今日は、まず「名古屋(なごや)」駅まで移動して、近鉄線JR関西線に乗り換えて三重県へ乗り込むのだ
名古屋駅までは名鉄線をチョイス
JR線はさんざん乗っているのでねぇ~coldsweats01

停車中の「快速特急」が間もなく発車なので、急いでホーム前方へ移動した。dash
名鉄での名古屋移動は今回で2度目~
(前回の移動の日記はこちらをクリックshine

編成は、今日も「パノラマスーパー」だった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5101
この写真も使い回しぃ~coldsweats01

今回も、全く同じ号車と場所の座席に座る。chair
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5102
前回と全く同じアングル

服装も荷物も飲み物も、前回と大して変わらず。
…おみやげまで一緒なのは、いかがなモノか。(笑)coldsweats01

…ま、そんなことは気にせず(笑)、まったりと車内でくつろぐ。clover
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5103
お茶は地元の「豊橋茶」だぜぇ~い

お値段も安くて、「えぇじゃないかheart01goodshine

車窓から観る景色も、2度目なので落ち着いて眺められる。bud
なので、前回撮れなかった場所を狙ってみた。

カメラを構えてスタンバイ。cameradash

そして、お目当ての場所でシャッターを切った。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5104
きっかんしゃーーーーーーっdash

そう、名鉄の工場(舞木検査場)に停めてある電気機関車を撮りたかったのだdash
でも窓ガラスがきちゃない…crying

名鉄の機関車は、青いのだ。
赤い電車の中にいると、ものすごく目立つ。shine

つい最近、なんと赤い電気機関車新製されたのだwrench
日本の私鉄で最も新しい電気機関車で、私鉄では西武鉄道「E31」形や大井川鐵道「ED90」形以来の、数十年ぶりの新製車なのではないかぇ?bud
(東京都交通局「E5000」形という、2005年生まれの激レア地下鉄用機関車もいたなぁ…coldsweats01

今までの青い機関車は、もう間もなく廃車される予定。end
この機関車「デキ300」は、書類(法規)上ではもう「車両」ではなく工場内の「設備」扱いなので、もしかしたら残ってくれるかも…catfacesweat02

ついでに工場の建物も撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5105
銀色電車は目立たナイのぉ~~~。catface

今日は「中京競馬場前(ちゅうきょうけいばじょうまえ)」駅にも臨時停車。clover
降車客は「夢見るオッサン」ばっかりで、女性が一人もいなかったのにはチョット笑えた。delicious

列車は快調に走り、名古屋駅に到着。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5106
ハイ、この写真も使い回しですぅ~~~coldsweats01

降車ホームから改札を出る。
そして目の前のコインロッカーにコートと荷物を預ける。
…何気にちくわが重かったので。coldsweats01
この季節なら、保冷剤入ってナイけど大丈夫だろう…snow

超~身軽になったので、気分スッキリscissorsshine

さて、三重県に移動しよう。
ココはやはり近鉄だなや

名鉄と近鉄の名古屋駅は、実は壁1枚しか隔たっていない。
なので、改札もすぐ隣にあるのだ。soon

…だが、そこには「階段ダンジョン」という魔物が存在する。sweat02
コインロッカーを使いたかったがために、乗り換え改札が通れなかったからだ。sweat01

初心者を不安に陥れる魔物と戦い、軽く迷って近鉄の改札前の広場に出た。bud
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5107
どうやら無事たどり着けたようだscissorsshine

だが、ココで安心してはイケナイdanger
振り返って、帰りのコインロッカーまでの道順と景色を記憶しておく。recycleeyeshine
高級ちくわ様を忘れるワケにはいかないのだ…sweat01ban

切符売場上にある路線図で、降りる駅を確認。eyeshine
…「桑名(くわな)」駅か「近鉄富田(きんてつとみだ)」駅で降りればイイんだな
どっちで降りるかは、列車のダイヤ次第だ。clover

とにかく、改札の中に入ろう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5108
Suica(ICカード)でサックリと中に入る。penguin

頭上の発車案内板を凝視し、どの列車ならOKなのかを調べる。eyeshine
そしたら、すぐに発車する急行列車が両方の駅に停まることが判明flair
そそくさと急行用ホームへ移動する。penguinsign04

すると目の前に…
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5109
まっさかさまーーーーーーーーっ

急行「松阪(まつさか)」行きが停まっていた。train
コレに乗ればイイんだな

…あぁ、松阪ビーフ様を食べてみたいheart01taurus

発車まであまり時間がナイので、急いで先頭の方へ移動する。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5110
手前の改札に近い方は混んでいる。typhoon

このような「頭端(とうたん)」(櫛形)ホームの終着駅は、どの私鉄でも混む場所は一緒だ。
小田急新宿駅や阪急梅田駅とかね)

先頭へ進む途中に、他のホームに停まっている列車も撮ってみた。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5111
イイねぇ~~~shine

近鉄名古屋駅は、実は3度目だ。
初回は阪神大震災の年(1995年)に、大阪へ行く時に特急「アーバンライナー」に乗った。
2回目は、2008年のお伊勢参りだ。(その時の日記はこちらをクリックshine

名古屋から一般車両に乗るのは初めてなので、ちょっとドキドキheart01happy02

この急行列車は、ロングシートだね。
でも、3両目から別の形式の車両がつながっていた。

中を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5112
クロスシートやん♪shine

慌てて空いている席を探して、ギリギリ窓側の席をGET出来たscissorsshine
あと30秒遅かったら窓側には座れなかった…sweat01

コレで近鉄での快適な旅は保証されたheart01

ほどなく、列車は発車した。
特急列車と急行列車は車内のフンイキがまるで違うので、景色もまた違って見えるからフシギだ。coldsweats01

列車は淡々と走り、いくつもの川を横切る。
この周辺は異様なまでに川が密集している。

そして大河に差し掛かった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5113
川幅ひろーーーーーーーーーいっsweat01

コレぞ、この地域のラスボス「木曽川(きそがわ)」だ。
なので、鉄橋の長さもハンパない。sweat02

目の前に見える橋は、国道1号線だ。
反対の上流側にはJR関西本線の鉄橋がある。
近鉄線とJR線は、それほど離れていない距離を絡むようにずっと併走している。updownupdown
JR線は、見える度に単線になったり複線になったりしていて、変化が目まぐるしいtyphoon

快適な旅も早いもので、20分ほどで桑名駅に到着。
チョット考え、「ココは降りずに、まずは富田へ行こう」と決めた。bud

発車後、ちょうど頭上に三岐鉄道の黄色い列がやって来て、桑名駅へ向かって走って行った…。trainsign04
…あっやっちゃったsign02」と思ったけど、もう後の祭り。sweat02

…見なかったことにして、富田へ行こう。(笑)

10分も掛からず、近鉄富田駅に到着。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5114
いやぁ~~、良かったよ。近鉄ちゃんheart01goodshine

走り去る急行ちゃんを、お見送りする。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5115
バイバイキ~~~ンpapershine

近鉄は便利だね

近くを併走しているJR線は、2両編成が単線を約15分おきに1本snailsign04
近鉄線は、2~6編成の列車が複線をバンバン走っている。recycle

JR東海さんよぉ、完全に勝負捨ててるだろ。catfacesweat02
実質、紀伊半島の先っぽへ行くために乗る路線となっているようだ。

さて、ココで三岐鉄道に乗り換えだ。recycle
三岐の列車はどこから発車しているのかな?
駅は近いのかな??
cancer

まずは、改札に向かって移動する。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5116
これといって特徴のナイ、一般的な駅だね。bud

乗り換え案内に従って歩いていると、「向こう側のホームへ行く階段を降りろ」との矢印が。downwardleft
階段を降りると、「上り(名古屋方面)ホームに階段を上って行け」との矢印。upwardleft

階段を上がってホームに行ってみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5117
をぅsign01 同じホームから出てるのねぇ~~~っsweat01

中間改札ナシに、近鉄三岐の乗り場が並んでいる。gemini
…って~ことは、いったんこの駅の改札を出て、切符を買い直さねばならないというワケか

まずは階段を下りて改札に行って、Suicaで出札。penguinsign04
そして、三岐鉄道の切符を窓口で買う。ticket

…何故に券売機でなく、窓口か?chick

それはコレを買うためだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5118
ふり~~~~~~~らんすザンスfree

1日乗り放題パス」がお得なのぢゃぁ~~~~~happy02sweat01

1100円で、三岐鉄道の全ての区間が乗り降り自由なのだscissorsshine
コレはかな~りお得なのだぞぇheart01delicious

パスの裏側はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5119
路線図と付近の案内が描かれている。

さて、ココで三岐鉄道の解説をばclover

三岐鉄道は2つの路線がある。
今いる近鉄富田駅からは「三岐(さんぎ)」という路線が、桑名(西桑名)駅からは「北勢(ほくせい)」が、川を挟んでほぼ並行して伸びている。

北勢線は、以前は近鉄の路線だった。
それが赤字ローカル線ゆえ、近鉄からバイバイキンされた。papershine
それを三岐鉄道が「ウチにおいで」と引き取った次第。bud

なので、北勢線はオラ的には「近鉄路線」というイメージが今でも強い。catface
まぁ、今日乗れば認識も変わるだろうrecycle

ちなみに、「三岐」とは「」と「」を結ぶ路線という意味。on
だが、その意味には達成出来なかったようだ…。coldsweats01

さぁ、三岐線を探検しよ~~~うshine

人生初の三岐鉄道、わくわく感がハンパないのぢゃheart01happy02sweat01

まずは、ホームに立つ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5120
ホームが共用なので、案内板は近鉄様式だ。

バンバン通過して行く近鉄線を横目に周囲を眺めていたら、三岐の列車接近のアナウンス。karaoke
いよいよ来るぞheart01

そしてほどなく…
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5121
超~~~来たーーーーーーーーっhappy02sweat01

わーーーーーっ来た来た~~~~~~ぁ
来ちゃったよぉぉぉぉぉぉぉ~~~~~んheart04

お久しぶりですheart01

お元気でしたか?
顔色も変わらず(笑)、がむばっているようでshine
少しほっぺに赤みが差したね。健康そうで何よりspa

一人ニンマリしながら、列車が停まるのを待つ。bud

…あぁ、このブレーキの音heart01

そして、列車が停まってドアが開く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5122
はぎやまーーーーーーーーーーーっ

…あぁ、もうオラには「萩山(はぎやま)」駅にしか見えないheart01happy02sweat01
(ソックリだ

そう、この列車は元「西武鉄道」の車両(701系)なのだ。
オラが生まれてからずーーーーーーーーーっと乗り続けて来た「超幼なじみ」なのだ
いわば「近所のお兄ちゃん」的存在。geminiheart04

この車両のことなら、隅から隅まで知っている

早速、運転室の真後ろにある「鉄ちゃんシート」をGETscissorsshine
コレで終点までカブり付くぞheart01

発車までしばらく時間があるので、あちこち点検しようsearcheyeshine

-------------------------------------------

ハイ、ココからはshine鉄分丸出しshineで行きますので、詳しくナイ方はサックリと読み流してねcoldsweats01
このブログでは超~珍しく、今回のシリーズは鉄道趣味エキス特濃の日記になりますぢゃtrainupup

車外を撮った後は、車内の点検をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5123
変わってナーーーーーーーーイheart01shinehappy02sweat01

往時と何ら変わっていないお姿に、もうメロメロパンチlovely
強いて言えば、座席のモケットの色が褪せすぎてしまっていることくらいか…。coldsweats01

まだクーラーが付いていなかったベージュの車体色の時代は、座席の色はあずき色(ワインレッド)だった。wine
クーラーが取り付けられて黄色くなった時代あたりから、座席の色がレンガ色(ウッドブラウン)に変わった。recycle

余談だが、登場時の内装の色(ベージュの壁にワインレッドの座席)は、当時の国鉄2等車(今のグリーン車)と同じだった。clover
関東でも有名なオンボロ&ヘッポコの西武線車両、「せめて色だけは豪華に…coldsweats01」という思いだったのだろう。
JRでは、「サロ165」「サロ110-1200」等のグリーン車が同じ色だった。clover

…今こうして改めて見ると、吊革や手すりが少なかったねぇ~。sweat02
よくコレで日本有数のラッシュ区間を捌いていたモノだ。coldsweats01

ラッシュの混雑が激しかったせいか、天井の冷風吹き出し口からは、夏は最強パワーで真っ白な冷気が吹き出していたこともあった。snowdash
オレ達は西友の野菜売り場の野菜かっ」とみんなで震えていたこともあったっけ…。wobblysweat01
(スーパー「西友」は、その名の通り、昔は西武鉄道系列の会社だった)

運転台と客室の仕切り壁上部を見ると…upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5124
そのまんまーーーーーっdash

車両の番号こそ変わっているが、銘板などは当時のまま。clover
西武 所沢車両工場 昭和41年」…コレだよ、コレheart01
この丸みのある銘板が「西武生まれ」の証。goodshine

西武鉄道は、1999年までは自分の工場で車両を造っていたwrench
車両メーカーに頼まず、車体は全て自作というのは凄い技術力だと思う

この銘板の「工場」の「」の字がクネクネしているのが、お子様の頃は「学校で習った字と違う…sweat02」とヒジョーに気になっていた。thunder

鉄ちゃんシート」に座った状態で撮ってみた。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5125
ムフフのフheart01

コレぞ、オラがご幼少の時にいつも見ていたアングルshinehappy02sweat01

まだまだ時間があるので、運転台周りを点検することに…searcheyeshine
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5126
あぁ、落ち着くお顔heart01

行先表示器の「近鉄富田」の4文字も、「西武新宿」などと同じバランスで違和感ナシgoodshine
サイクルパス」の場所には、「急行」や「準急」などの種別板がぶら下げられていた。

では、運転席をのぞき込むぞdash
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5127
イヤァ~~~~~~~~~んheart01

めっちゃそのまんまやぁ~んnoteshinehappy02sweat01

運転席左側(写真だと奥)の壁にあった受話器などが撤去されて三岐仕様になっているが、右側のスイッチ類などはそのまま。

次に、運転台のアップをば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5128
左のマスコンハンドル脇の放送装置など、部分的に三岐仕様になっているね…

右側のスイッチ、手前に引いたり奥に押したりしてON・OFFする。updown
ピンボールの、はじく部分見えて遊びたくなった想ひ出が…coldsweats01
(触ったらアカンでsign01ban

天井を眺めてみると…upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5129
基本的な構造は昔のままだが、自動放送装置などが追加されているね。karaoke

中央のクリアーブルーの覗き窓から見える、行先字幕の文字を見るのも好きだった
三岐だと、行先字幕のコマ数が9個かぁ…少ないね。coldsweats01
西武時代は40コマあった。
右側にあるレバーをくるくる回すと、字幕もくるくるスクロールしていく。recycle
レバー下の赤い矢印が、コマ数が大きい方に太くなっていくデザインも好きだった

さぁ、コレで一通り点検したぞsearcheyeshine

席に座って出発を待つ。clover
(画像をクリックすると拡大するよん)
三岐鉄道三岐線2015その1-5130
…あぁ、懐かしいアングルheart01happy02

実は、この席側の運転室との仕切り窓には大きな鉄板があり、視界が半分くらいになってしまっている。sweat02
機器類を追加したためのようだ。

でも、座っていれば前方は見れるので、モウマンタ~イ(無問題)

そろそろ発車時間だ
運転士さんが駅員さんと一緒に詰所からやって来た。shadow

わくわくheart01

わくわくheart04shine

さぁ、いよいよ出発進行~~~~~ぅ

つづき「三岐線2015その2」はこちらーっ!

| | コメント (4)

2015年1月29日 (木)

旅日記 ~「なんぢゃ、こりゃぁ~! 名鉄・西枇杷島駅」2015~

前回「豊橋おでんしゃ2015」からのつづきーっ!

2015年1月11日のおハナシ。bud

昨夜は「おでんしゃ」と「骨付き鶏」で、豊橋の夜を「うけけけけけけ~ぇ」と楽しんだ。shine

さて、今日はどうしよう
特に急いで帰る必要もナイので、気になる所&しばらく行ってナイ所にでも行きますかのぉ~。catface

…てなワケで、今日は「名古屋」に行くことにした。
それも、名鉄(めいてつ:名古屋鉄道)で行ってみよう

朝10時、お宿をチェックアウトして、「豊橋(とよはし)」駅に向かう。
(画像をクリックすると拡大するでね)
名鉄・西枇杷島駅2015-0601
天気は良いが、チト寒いのぉ…sadtyphoon

いつものとーりにJRの改札に入る。

そして、飯田線のホームへと降りる。downwardright
(画像をクリックすると拡大するでね)
名鉄・西枇杷島駅2015-0602
3番線は名鉄線の専用ホームなのだ。

豊橋はJR東海の駅なのだが、私鉄の名鉄も同じ構内に乗り入れている。
(理由の詳細は後ほど)

そんなワケなので、このホーム(3番線)の案内板を見ると…
(画像をクリックすると拡大するでね)
名鉄・西枇杷島駅2015-0603
ぢぇーあーるっ

カンバンはJR東海仕様なのだが、次の駅名は名鉄の「伊奈(いな)」駅が書かれている(裏側は飯田線の「船町(ふなまち)」駅が書かれている)。

その証拠に、下の時刻表案内は名鉄仕様だ。
関東の共用駅みたいに、この乗り場のカンバンだけその鉄道のデザインにすればイイのにね。
誤乗防止にもなるんだから…。catface

今日は特急で名古屋まで行こう。dash
名鉄の特急列車は、編成中の豊橋寄り2両が有料の指定席で、残り(4~6両)は一般車両の自由席
指定席車両は、みんなが「特急」でイメージするリクライニングシートの座席だ。chairshine
自由席車両は、編成によってクロスシートだったり、ロングシートだったりもする。

ホームの前方まで行って、空いている車両の席を狙う。
後ろはいつも混んでいるのでね。coldsweats01
ホームにもたくさん並んでいる。chicksnailpenguincancer

ほどなく、特急列車がやって来た。
(画像をクリックすると拡大するでね)
名鉄・西枇杷島駅2015-0604
パノラマスーパーだ

この車両だったら、指定席でも良かったなぁ…coldsweats01
(来るまで判らんsweat02

後ろの一般車両がホームに差し掛かった時、横にいたJRの飯田線車両も動き出した。
(画像をクリックすると拡大するでね)
名鉄・西枇杷島駅2015-0605
コレぞ、豊橋ならではの光景goodshine

始発なので、イイ席をアッサリGET。
(画像をクリックすると拡大するでね)
名鉄・西枇杷島駅2015-0606
今回はイイ車両だね♪shine

名鉄乗車歴は長いのだが、回数は少ない。
豊橋から乗るのは、実は初めてだったりする。coldsweats01
わくわく♪heart01

列車が発車した。
左右をJR線に挟まれて、もそもそと走る。snailsign04

東海道線と新幹線に平行して飯田線上を走っていると、鉄橋が見えた。
(画像をクリックすると拡大するでね)
名鉄・西枇杷島駅2015-0607
豊川放水路だ。

そして、鉄橋を渡り終えると、速度を落としてポイントを通過した。
(画像をクリックすると拡大するでね)
名鉄・西枇杷島駅2015-0608
飯田線との分岐点だ。upwardleftupwardright

右へ曲がっているのがJR飯田線upwardright
左へつづく線路(地平と高架)が名鉄線だ。upwardleft

豊橋駅からこの地点までの複線線路は、飯田線と共用している。
だが、本当は単線ずつで所有者が違うのだ。
今走って来た線路(下り線)がJRのモノで、上の写真の鉄橋の線路(上り線)が名鉄所有なのだ。
単線ずつよりも複線のほうが列車本数増やせるからね

コレは開業当時からの時代的な流れでこうなった次第。
当初は飯田線も私鉄だったので、私鉄同士で「共用しようぜぇ~」ということに。
それが、戦争中に飯田線が国有化され、さらにJR化された結果、日本国内でも特殊な区間となった。bud

現在はJRが運用管理しているので、線路を持っていながらも名鉄車両の走行は制限されている(JRが優先)。
豊橋駅へは1時間に6本しか乗り入れられないので、名鉄はフクザツな運用を組まざるを得なくなっている。sweat02
(各駅停車は豊橋駅へは乗り入れず、1つ手前の伊奈駅で折り返す。ラッシュ時の増便も同じ)

名鉄の複線区間に入ると、快調に走り始めた。dash
結構乗り心地イイぢゃんgoodshine
20~30年前の名鉄車両とは雲泥の差だ(笑)

途中の駅に停車中、1枚撮ってみた。camerashine
(画像をクリックすると拡大するでね)
名鉄・西枇杷島駅2015-0609
コォォォォォォォォ~~~~~~っdash

国府(こう)」駅だ。
ローマ字表記の「Ko」が、なんか笑えた。delicious

列車は東名高速道と並行して走り、畑や住宅地を抜け、50分ほどで大都会「名古屋(なごや)」駅に到着した。
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0610
久々の名鉄名古屋駅

名鉄の名古屋駅は地下にある。
壁一枚となりには、近鉄線の駅がある。

ココで特急列車から降りる。
行ってみたい場所があったので、各駅停車に乗り換えることにした。recycle
目的の駅に行く列車は20分近く来ないので、しばらくホームで待つことに…catface

名鉄名古屋駅、ココは日本有数の超過密ダイヤ区間なのだ。
東西南北に伸びるほとんどの名鉄線列車が、ココ名古屋駅に集まって来る。dash

それなのに、名古屋駅は複線だけで待避線がナイ
左右に拡張出来るスペースが、もうナイのだ。sweat02
なので、線路間に大きな降車専用ホームを設けて、とにかく素早く乗降を終わらせる作戦を取っている。trainsign04run

日中でも、3分おきくらいに次々と列車がやって来る(次の列車がすぐ後ろで停まっている)。
お子様には堪らない光景だろうshinehappy02sweat01

また、名古屋駅では乗り方にも名鉄流の難解なルールがある。
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0611
天井部分に、次に来る列車の停車駅が表示され、乗車位置の案内もバンバン変わっていく。typhoontyphoon

一応、方面と列車種別ごとに乗車位置が色分けされている。
それのプレートが、ホーム天井部分にずらりと並んで表示されているのだ。
(上の写真にある表示器の下がそのプレート)
さらに、各駅停車の停車位置は、行先によってホームの前半分と後ろ半分に区別している。leftright

自分が降りたい駅に停まる列車の種別と行先(駅名)を知っておかないと、どこに並べばイイのかサッパリ解らない。sweat02
数回乗れば理解出来るだろうけど、初心者や旅行者にはまるで解らないや…。sadsweat01

ワケも解らず、表示器に自分が降りたい駅名が出てくるまで、ひたすらその場で待つ。snail
バンバン列車がやって来るが、どれもその駅には停まらない(通らない)。
30分に1本しか停まらないようだ。sweat02

…さ、寒いよぉぉぉぉぉ。wobblysweat01

やっと来た各駅停車に乗り込む。
目的の駅は、3つ目の「西枇杷島(にしびわじま)」駅だ。
(上の写真がまさにこの列車)

列車は地下区間を出て、1つ目の駅「栄生(さこう)」に停まる。
真横には東海道線と新幹線の線路があり、ひっきりなしに列車が行き交っている。downwardrightupwardleft
名鉄の列車も、負けないくらいバンバンやって来る。

そして東海道線を離れ、大きく右に曲がって2つ目の駅「東枇杷島(ひがしびわじま)」に停車。
ココはなんともローカルな高架駅だ。clover
とても名古屋駅の2つ目とは思えナイ。catface

さらに列車は走り出し、今度は大きく左にカーブしながら鉄橋を渡る。
この鉄橋の先からが、今回の目的地だ。

鉄橋の先には…
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0612
鉄橋と少しのすき間もなく、すぐにポイントが設置されている。

そして、複線線路が左右に分岐している。upwardleftupwardright
本線上の平面交差だ。
どちらも重要な幹線同士なので、ココの列車の通過は秒単位のトンデモナイことになっている。typhoonsandclocksweat01
よく事故が起きないものだ…sweat02

この区間を空から見ると、こうなっている。
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0613
(グーグルマップより)
線路がデルタ()状になっている、珍しい場所なのだ。

右下に行くと名古屋・豊橋方面。downwardright
上に行くと犬山(いぬやま)方面。upwardright
左が岐阜(ぎふ)方面だ。upwardleft

…んで、目的の西枇杷島駅は、道路とJR線に挟まれた赤い★の場所にある。

列車は分岐点をゆっくり左に曲がる。
そして曲がり終わると、目の前に「伝説の西枇杷島駅が見えて来た。shine

どん!
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0614
なんぢゃい、こりゃぁぁぁぁぁぁ~~~っsweat01dash

…コレ、駅なのかcatfacesweat02

屋根もベンチも電柱もナイ。
留置線の清掃作業場」と言われても素直に信じるだろう。sweat02

ホームで待っている女子が1人いるね。virgoshine
…確かに駅だ。

列車は駅に停まった。train

ホームに降りる。
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0615
…せ、狭いッス。sweat02

東武線「浅草(あさくさ)」駅以来の激細りっぷり
そぉ~っと降りないと、そのまま向こうの線路に転落してしまう。sweat01
歩きスマホ厳禁のホームだ。bandanger

しかも、信号機の位置と周りの黒い板の削りっぷりがハンパない。shock

驚いている最中に、頭上をJRの列車がゴーカイに通過していった。dash
…そう、ココはJR線(新幹線も)から見えるのだ。bullettrain
なので、いつも気になっていたのだ。

昔は本気で「信号場(旅客扱いしない停車場所)」だと思っていた。signaler
そしたら、ある日、ドアが開いて乗客が乗り降りしているのが見えた。coldsweats02
それ以来、いつかこの駅に来てみたいという熱い思いがあったのだ

実際に来てみると、やっぱ違うねっhappy02

立ち止まっていると列車が動けナイので、そそくさと離れて改札へ向かう。penguin
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0616
ホームちっちぇぇ…sweat02

まるで鉄道模型の手抜きレイアウトのようだ。(笑)

安全な所まで来て、駅名板と車両のコラボを1枚。camerashine
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0617
コレで証拠は残ったscissorsshine

歩きながら写真を撮りつづける。
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0618
改札へ行く道は、昔ながらの構内踏切だ。

ちなみに、奥のデルタ線の左方向は、現在通り抜ける列車はナイupwardleft
車庫代わりにときどき列車が停まっているだけだ。trainsleepy

改札に着き、立っていた駅員さんと挨拶してから外に出る。

駅の外からホームを見ると…
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0619
のっぺらだ。sweat02

このような特殊な構造なので、この駅に限っては事故防止のため、各駅停車が来る直前まで自由にホームに行くことは許されないのだ。banpaper
駅員さんの案内に従って、誘導されてホームに行く。
ローカル駅の改札と同じような感覚だ。clover

なので、この駅で降りた時は、ホームで立ち止まらずに素早く改札へ行くようにdanger

駅舎はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0620
屋根がヘロヘロだ。sign04

ちなみに、「駅前広場」というようなスペースはほとんどナイ。catface

駅舎の目の前には、大きな道路が隣接している。
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0621
どちらも重要な幹線なので、立体交差化されている。

下の道は、生活道路として残った車線だろう…。

余談だが、名鉄の踏切警報機は、関東の人間からすると変わった形をしていると感じる。
関東で一般的なのは、警報ランプ部分の裏板は丸くて黒色になっている。
名鉄のは、四角い板で黄色くなっているね。

そんなのを眺めていたら、すぐに後続の列車がやって来た。bud
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0622
特急が加速しながら通過して行った…。dash

豊橋~名古屋~岐阜を結ぶ本線なので、列車本数はかなり多い。typhoon

すぐに、上り列車もやって来た。
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0623
みどりいろーーーーーーーっcoldsweats02sweat01

名鉄は「」が特徴なのだが、この列車のお顔は超~珍しい「」色だ。
岡崎の「徳川家康400年祭」のラッピング車両なんだねぇ~。
コレは見れてラッキーなのかsign02
ホントは赤い電車が撮りたかったんだけどなぁ…coldsweats01

ホームをくまなく眺めることに。eyeshine
線路の横に道があるので、全景を眺めるには全く問題ナイ

名古屋方面行きのホームの端っこを見ると…
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0624
ココだけ鉄骨だね~。wrench

延長したカンジだ。
…って~コトは、昔は3両半くらいの長さしか無かったというワケか。catface
手前に側線のポイントがある関係なのだろう。clover

そんな思いをかき消すように、特急「ひだ」がディーゼルエンジンの爆音を立てて頭上を通過して行った…。dash

最後に、振り返って名古屋方面を1枚。camerashine
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0625
両端を線路と道路とデルタ線に挟まれ、どうにも拡張不可能な全国でもフシギな駅。

ふぅ~、来た甲斐があったぜぃgoodshine
コレで西枇杷島ミッション、コンプリート

…さて、名古屋駅に戻るか。recycle

もう寒くて、寒くて…。sadsweat01
雪が降る一歩手前のような雲に覆われて、風も吹いているのでね。typhoon

停車する列車は30分に1本かぁ…。catface
まだ時間があるから、もう少し探検してみよう。penguinsign04

…ってなワケで、JR線との交差部分を見てみることにした。
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0626
東海道線の鉄橋は、かなり歴史のある重厚な雰囲気だ。doorsubwaydoor

…お、線路沿いに道が続いているね。
進んでみよう。penguinsign04

鉄橋をくぐり、振り返って1枚。camerashine
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0627
手前のコンクリート橋は東海道新幹線だ。bullettrain

ココで踏切が鳴った。flair

振り返って待っていると…
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0628
来たーーーーっ!赤い電車heart04

最近、名鉄も真っ赤な電車が減ったものよのぉ…catface
半分くらいが、白色・銀色や青い帯の空港特急になってしまっている。

この電車を撮った時に、奥に見えるモノがあった。

近寄ってみると…snailsign04
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0629
…コレ、隣の駅でなくね?sweat02

何とsign01青空の下、隣の駅が目の前にあった。coldsweats02sweat01
しかも、こちらは準急停車駅で、15分に1本列車が停まる

…やっちまったようだな。sweat02

未知の驚きや感動を味わうために無計画・無調査で来たのが、完全に裏目に出たようだ。crying

だって、この位置から振り返ると…recycle
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0630
分厚い雲の下に、さっきの新幹線の橋が目の前に…。bullettrain

こんなに近かったのかぁ…(1Kmもナイだろ)

この時点で、「西枇杷島駅へ戻る」という選択肢は完全に消えた。empty
目の前の、停車本数の多い隣駅へ行こう。
ちょうど頭上で天気も違っていることだしぃ~cloudsun

駅前の踏切に差し掛かると、踏切が鳴った。flair
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0631
またもや特急の通過だ。

この車両、個人的には「名鉄」というよりも「南海」っぽいカンジがする。
名鉄もだいぶ変わったよなぁ…catfaceclover

ココで突然、デジカメの電池が切れた。emptysweat01
なので、ちょうど目の前にあったスーパーに入って電池をGET。
ラッキーscissorsshine

そしてすぐに改札の前に到着した。
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0632
ココは「二ツ杁(ふたついり)」駅というのか…。

」の字がハッキリ読めず、「“いりなのかな」と想像で読んでいた。coldsweats01
でも当たっていたようだscissorsshine
名鉄には難読駅名が多い。(「上ゲ(あげ)」駅とか)

ホームに上がる。
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0633
ココにも待避線があるね。

こんな近距離の2駅連続して待避線があるというのも珍しい。
まぁ、あちらは4両編成しか待避出来ナイからねぇ…coldsweats01
改札は上下線で別々のようだ。
地下通路などもナイ(しかも無人駅)。

約10分後の準急列車が来るまでの間に、プチ撮影タイム。camerashine
やっと分厚い雲も頭上から去り始め、暖かい日差しが戻って来た。sunshine

なんで電車に乗る直前なんだよぉぉぉぉぉ…crying

まずは駅名板を。
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0634
準急列車は、両隣の駅と東枇杷島駅には停車しない。

確かに、この地域は駅間が短いようなので、各駅停車はそれほど必要ナイのだろう。
準急に乗って、1駅歩くくらいでも全く問題ナイ。penguinsign04

何枚か通過列車を撮っていたら、準急列車がやって来た。
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0635
グーゼンにも3列車同時に撮れたぜぃ

しかも、赤・白・銀と、すべて違う種類だ
ラッキーscissorsshine

準急列車に乗り込む。

…あ、あったかぁぁぁぁぁぁ~~~いheart01spashine

やっと生き返ったbud

カラダが温まり心にゆとりが出来たので、帰りはじっくりと今来た場所を車内から見物する。eyeshine
…やはり、準急列車の停車駅くらいが、一般的な都市の駅間距離なのだ。
隣駅が近過ぎる。catfacesweat02

さぁ、名古屋駅に行くぞぉぉぉぉぉ~~~~dash

---------------------------------------

東京に帰宅後、グーグルマップでこの近辺を見てみた。searchshine

そしたら…
(画像をクリックすると拡大するでなも)
名鉄・西枇杷島駅2015-0636
(グーグルマップより)
近過ぎるぅぅぅぅぅ~~~~っsweat01

赤い★が西枇杷島駅で、黄色いが二ツ杁駅。
赤い★の下に停まっている電車が4両編成(全長約80m)なので、駅間の近さ(600m)がお解り頂けよう。clover

さらに隣の「新川橋(しんかわばし)」駅も同じ駅間距離だった。on
まるで路面電車並みだ…。sweat02

…では、ナゼこの両隣の駅は存在しているのか?catface

西枇杷島駅は、あのデルタ線区間の管理駅という使命があるため。danger
新川橋駅は、川の両岸の駅の片割れという立ち位置か。

駅を統合するにも出来ナイ(敢えて残した)事情から、このような全国でも珍しい区間が出来たのだと思う。bud

やっぱ名鉄は奥が深いぜ…

つづき「大須グルメ」はこちらーっ!

| | コメント (11)